ナマステ代々木公園

■すっっかり買い忘れてた『駄菓子屋前』が載ってるアンソロジー本2冊をいい加減買おうと思い、とりあえずアマゾンを探したら、もう中古でしか出てなくて呆然とした本日の朝です。
い…いつでも新品買えると思ってた私が悪い……くやしい……。
でももっと驚いたのは、駄菓子屋前2話目が載ってるYAアンソロジー『エール』の中古本が異常に高値ついてたことです。
なんで!?
同じく中古しかない『友情リアル』はみんな普通の中古価格なので余計にハテナマークが浮かびます。
なんで…?
っていうか、か、買いづらい…。
とりあえず『友情リアル』だけ古本購入しました。新刊に未練はあるけど仕方ない。
問題なのはプレミア価格がついちゃってる『エール』の方ですが……。
いざとなったら電子書籍が買えるので、手に入らないということはなさそうです。
でも紙の本でほしいので、まずはちょっと古本屋を探します。
…見つからないかなー…電子書籍で持っといて後々古本屋で見つけたらそれも買うコースでもいいかな…。
ひとまず『友情リアル』のヌクと直樹くんとパルックが届く日を待機!



■9月24日にやってた、代々木公園のインドフェス、ナマステ・インディアに行ってきました。
意外と初参戦。


出店のメニュー。
イベント会場着く前からお腹がすいてたので、お店より舞台より先にご飯チェックをうろうろしました。
名前は聞いたことあるけど食べたことないものがいっぱいで非常にわくわく!
とりあえずこのお店で選んだのは……


マトンビリヤニ!
ビリヤニというのは、インドのチャーハンみたいなものです。
前からビリヤニ食べてみたかったんですが、インド料理屋さん行くと脳がナンを求めてしまうのでビリヤニを選ぶことができず……。
今回は野外ということで、液体のカレーよりお米の方が食べやすいだろうと思い、やっとビリヤニにスポットライトが当たりました。
美味しかった!すごく美味しかった!!
でもからい!!(笑)
つけあわせのヨーグルトサラダがとてもあう。


インドフェスに来たら絶対食べようと思ってたものがありました。
1つはサモサ(ジャガイモを包んだ揚げ餃子的なもの)。
そしてもうひとつが、ジャレビ(しぬほど甘いお菓子)です。
ちょうどどちらも見つけたので、サモサとジャレビ、それから暑かったのでクルフィー(アイスキャンディー)もお買い上げ。


クルフィー!
袋の中に入ってるので、くもっちゃって全然見えないですね。
普通のアイスキャンディーを想像しながら齧ったら予想外にねっとりクリーミーだったので、ちょっとびっくりしました。
よくよくお店の看板見たら「牛乳にサフランやカルダモンなど~」と書いてあって、なるほど…と真顔に。
味としては、説明文の通りいろんなスパイスが効いてて不思議な風味でした。
たぶんチャイ好きな人は美味しいと思います。と、チャイ苦手な人は思いました。


お待ちかねジャレビ!
相変わらず写真撮るのが猛烈に下手なので美味しそうな感じありませんが、実際「美味しい」という感じではありません。
かといって「不味い」でもありません。
すべての味覚が「甘い」という感覚で押しつぶされるのです。
なにしろこれは、小麦粉などを溶いた生地を油で揚げ、さらにシロップに漬け込んだという、驚くべき糖分と脂質の権化なので……。
揚げてあるので食感はいいです。カリッとサクッと。
しかし食べ進めるにつれて空洞の断面からあふれ出てくるシロップ&油。
今回買ったのは2個セットだったのですが、どう考えても1人1個が適量です。
同じ甘味の帝王であるグラブジャムン(シロップ漬けドーナツ)がヨーグルトと一緒に食べれることを考えたら、単体で食べるしかないジャレビの方が甘味レベルは高いと思われます。
でも食べてみたかったし食べてよかった!
インドはシロップに漬けるお菓子多すぎだと改めて思うけどね!!


ジャレビでお腹いっぱいになるのは予想してたので、サモサは最初からお土産のつもりでした。
帰宅してから食べましたが、むっっちゃくちゃ美味しくて感動しました。
時間が経ってもザクザク食感の皮。
スパイスが混ざってピリ辛&食欲をそそる香りのマッシュポテト。
ケチャップをつけて食べるとまた違う美味しさ!個人的にはケチャップつけた方が美味しい!

ステージではいろんなダンスグループやミュージシャンの人達がショーをしていました。
中でも一番楽しみにしていたのは、ボリウッドダンスです。
インド映画といえば、ハリウッドならぬボリウッド!
映画のダンスを踊りたい人はいっぱいいて、見たい人もいっぱいいるのです!
知ってる曲が流れるとテンションがあがる!
しかも今回、すごく好きな歌が流れたのでとても嬉しかったです!
映画では歌の最後に人が死ぬんですけどね!!
流れた瞬間、喜びと不安が同時に押し寄せる不思議体験をしました。
気になった方は「Aami je tomar」で動画検索してみてください。
実は以前紹介したことがあるやつだったりします(ブログ記事は消してしまったのでもうない)



あと、↑これも今回流れて嬉しかった!
★この記事の最後に紹介した映画の、序盤の曲っぽいです。
女優ディーピカーのすべてが美しい…本当に「美」という言葉を凝縮して固めたような人だと思う…。
ちなみに、このLovelyという曲では物凄いいかつい雰囲気の登場人物に見えますが、同じ映画の別の曲では優しい顔で笑ってるし、主人公の男性への恋心が物理的に燃えてしまい周りの人間が必死に消火活動をするという、おちゃめな面もあるようです。
ほんっとこの映画見たい。どう考えてもめちゃくちゃ面白い。

10月入ったらいよいよインド映画祭りだー!!

見たいインド映画リスト

■インド映画のお祭りIFFJの上映リスト見ながら、見たいものをピックアップしつつ、日にちと時間を確認する作業。

『スルターン』
伝説的レスラーの話と聞いて、なんだか使命感が出てしまいました。見たい。
インドの興行的にもかなり売れた作品らしいので期待度は高い!

『バドリナートの花嫁』
ラブコメ。今回1番期待してる作品。
『スチューデント・オブ・ザ・イヤー』という映画で主役カップルを演じていた男女が再び揃うと聞いて、楽しみでしかないです!
女優のアーリヤー・バットの可愛さよ。
アーリヤーは結構いろんな映画(のMV)で見かけてたんですが、俳優のヴァルン・ダワンは今回久しぶりに見るので本当に楽しみです。

『ディシューム』
アクションコメディー。
刑事でバディものでコメディとか絶対面白いやつ!
そしてまさかのヴァルン・ダワン出演作品2作目。
実はアーリヤー・バットも別作品に出てるんですが、そっちは麻薬を取り扱うシリアス映画なので今のところ見ない予定です…。

『ハッピーただいま逃走中』
結婚式場から逃げ出した花嫁のドタバタコメディ。
インド映画に限らず、映画は基本的に笑えて楽しくて幸せなものが見たい派…。

『幸せをつかむダイエット』
タイトル通りのダイエットコメディー。
今回の映画はほとんどヒンディー語作品ですが、これだけマラーティー語。
インドにはいろんな言葉があって、それぞれの言語でまたいろんな映画が作られてるんだと思うと、インド映画というジャンルの広さを感じる。

『僕の可愛いビンドゥ』
ホラー作家と幼馴染のラブコメ。
昔のインド映画曲がたくさんかかるとのことで、あの民謡チックな「これぞインド映画!!」みたいな曲を聴きたいです。
女性の高い声がうねってて、なぜかエコーかかってる不思議な録音の曲達が聴きたい。もちろん話も面白そう!

基本的には休日狙いで行くけど、あわよくば仕事帰りも狙っていきたい。
10月は他にもたくさんの遊ぶ予定が入っているぞー!体力が持ちますようにお願いします!!

原作通りじゃなくても


■漫画『将棋めし』を手に入れたときの落書き。
ドラマも面白いけど原作もまた面白い!
というか、原作とドラマで話が違う。
あくまでも原作漫画を基にしたオリジナルドラマ、というスタンスだそうで、オリキャラが出てきたり展開が違ったり…。
でもそれがまた面白い。
原作は原作!ドラマはドラマ!2倍楽しめる!!
普段は「原作大好き!頼むから原作通りに話進めて!」というスタンスで生きてますが、こういうのも面白いんだなと気づきました。

……よく考えたら『双子探偵』がまさしく当てはまる作品でしたね。
原作を基に、いろんなものを変えて作られたドラマでしたが、あれはあれで好きだったし楽しかった。そもそも三つ子揃えろってところから実写化難しいんだ。
物語の舞台である銀座に行ってみたいなと最近ぐだぐだ考えてます。
距離的には行けるんだけど、銀座というだけで敷居が高いイメージあって行きづらい…。
でも銀座明神はやっぱり見たい。



■美衣先輩専属ボディーガード。


■10月にインド映画のイベントIFFJか開催されるということで、非常に楽しみです。
東京の渋谷と大阪の梅田で、1ヶ月間毎日いろんなインド映画が上映されるという、まさにインド映画のお祭りです。
王道のコメディやラブストーリーだけでなく、シリアスな作品も多く上映されるそうで気になります。
しかし私はすでに、コメディ作品だけで6本くらい見たいものがあってですね…。
どういう日程で見れば効率良いのか映画スケジュール表とにらめっこの日々。
映画も見たいけど、代々木公園のインドフェスにも行かなきゃ!

落語将棋妹

近況

■突然落語にハマる。
Huluの3分落語を見て二ツ目さん達に笑い、真打の春風亭一之輔師匠に喉が疲れるほど笑う。
一之輔さんは面白さのレベルが違いすぎる……二ツ目さん達でも十分面白いのに……。
女流落語家さんもいっぱいいるんですね。
立川こはるさんと林家つる子さんが非常に気になります。

噺そのものを知る機会は今までにありましたが、噺家さんを知る機会はなかったです。
噺は本に書いてあったり、ドラマの題材になったりするので、見る機会がよくありますね。
寄席行ってみたいんだけどなぁ。
テレビでやってるのを録画する日々。
……これとよく似た状況にあるのがプロレス(試合見に行きたいけど行けないので録画)


■ドラマ『将棋めし』見てます。
メインの役者さん3人が全員仮面ライダードライブ出身という、一部のファンを狙い撃ちされたようなドラマです。
話の内容は、「将棋の対局中、お昼休憩で何を食べるか。これで勝敗が決まると言っても過言ではない!」ということで、グルメもの。
毎回将棋会館の近くにあるという美味しそうな丼ものや鰻重などが紹介されてて、大変楽しい&おなかがすきます。
そんなドラマの最新話、ロコモコ丼の回が、個人的にすごくツボでした。
ロコモコ丼おいしそう!
ロコモコ丼がきっかけで変わっていく話の展開が面白い!
主人公の対局相手である雲海先生の表情がとても楽しそうで、わくわくしてる感じが伝わってきてかわいい!
最後の師弟の2ショットまで含めてかわいい……。

今回のお話がとても素敵だと思ったので原作漫画買いに行ったのですが、最新刊の2巻はあるのに1巻目がなかったので手ぶらで帰ってきました。
ここで2巻目だけ買ってくると2巻目を先に読みたくなっちゃうからだめ。
明日、別の本屋さん行けるかな。


■アニメ『有頂天家族2』のファンイベント「大有頂天祭'17」、無事に当選しました。
よかったーーーー!!
というわけで、同じくファンの妹2と行ってきます。
最近妹2と行動しすぎじゃない?って感じなんですが、私の好きなものをどんどん吸収してくれるので自然と一緒に行動するようになってきまして。
昔から私が見ているアニメなんかを一緒に見てハマってくれる子ではありました。
でも先日一緒に見に行った『仮面ライダーエグゼイド』の映画がきっかけでエグゼイドにハマりつつあるのは、さすがに可哀想なことしたなと思いました。
先週、テレビ本編が最終回を迎えましたので……。
あれはいい最終回だった。映画が「トゥルーエンディング」とかいうから嫌な予感を抱えながらテレビ最終回見たけど、良い意味で裏切られた。いい最終回だった……。
そんなタイミングで妹を引きずり込む。
次のビルドもたのしみです。妹的な意味でも。

封神と80年代洋楽

■まさかの『封神演義』再アニメ化決定の情報を聞き、震えた今日この頃。
か、神様ありがとうございます。本当にありがとうございます。この日を待っていました。
うれしいいい!!

『封神演義』とは、少年ジャンプで連載してた漫画です。
原作は三国志演義などと並ぶ中国の書物。
人間界で悪さをする妖怪仙人たちを倒し、魂を神様として封じ込める(封神)という使命をおびた仙人界の男・太公望(たいこうぼう)が主人公です。
大昔の中国が舞台なので堅苦しいと思いきや、完全にSFです。
仙人たちはみんなだいたい外見若いし、革ジャン着てたりピエロだったり……。
主人公も72歳。

この漫画、再アニメ化というからには前にもアニメ化したことがありました。
というより、私はアニメを見て面白いと思って漫画買い集めました。
その結果、「ぜんぜんアニメと違うんだけど!?」という混乱が生まれました。
そう。ぜんぜん違った。とにかくぜんぜん違った。
いや…アニメから興味持った人間だしアニメ版嫌いじゃないよ…推しが突然歌い出すとかいう謎演出も今となってはネタになるから嫌いじゃないよ…声優陣も豪華だったし…。
でもコレジャナイ。
コレジャナイんだよ!!
めちゃくちゃ面白い原作のストーリーを!そのまま!動かしてほしいの!!

という封神ファン大多数の願いが今回叶いました…いやもう本当にもうね、みんな待ってたからね!!!
ってわけで浮かれた結果、資料なしで記憶だけを頼りに落書きした天化(てんか)と哪吒(なたく)。





さすがに細部までは覚えてなかったけど、思ってた以上に描けてて、自分のことながら感動しました…。
す、好きだったなぁ…よく描いてたから覚えてるんだもんなぁ…封神演義を参考にして絵を描いてた時期も確かにあった…。
再アニメ化、心の底から楽しみにしてます。
新しいグッズも出るってことでしょ…この時代に…新しい封神グッズが…生まれる…ひええ…。


■最近好きになった歌手は、リック・アストリーです(80年代歌手)

スパンダー・バレエにハマって以来、BSの洋楽特集番組見ては「この曲懐かしい。この曲は知らないから今度詳しいこと調べよう」といろいろチェックしてます。
そこでリック・アストリーのNever gonna give you upを聴いてハッと食いついたのでした。
メロディーがすごく好き!声が好き!どう考えてもこの外見からこの声出てないでしょっていうギャップが好き!
っていうか、確実にどっかでこの歌聴いたことがある!!

中学時代にも80年代洋楽をよく聴いてた時期があり、その頃にリックの曲も聴いてたのでは…と思います。
おかげで一気に懐かしい気持ちになりました。
ある意味80年代は私の青春時代でもある。

好きな音楽のジャンルが、ミュージカルソング、インド映画の曲、カントリーミュージック、ディスコソング、ビッグバンドジャズ、ハワイアン、エモ系ロック、クラブミュージック、80年代洋楽と、全く統一の取れてない様相を呈しています。
ちなみにクラブミュージックで最近好きなのは、前にもちょろっと言ったことがあるアレクサンドラ・スタン、インナの他に、ピットブル、モホンビなど。
曲の好みがパリピのようになってきた。
プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード