栗井inUSJ

■ツイッターに、お題箱というものを設置しています。
絵のリクエストを貰えるもので、誰からのリクエストかはわからない仕組みです。
そのお題箱に、「栗井栄太in USJ」というお題をいただきました!



というわけで、ユニバ!
残念ながら私自身は行ったことがないのでいろいろ調べたんですが、行きたい気持ちがさらに固まりました。
ジュラシックなパークに行ってみたいし、ハリウッドでマリリンに会いたいし、モンスターライブも見たい…!

とりあえず全員に何かしらのグッズを持ってほしかったので、全員何かしら持ってます。
「ジュリジュリも一緒に」というお題だったので、堂々と2人を揃えて描けました!お題くださった方ありがとうございます!
ジュリジュリにはハリポタグッズを。
2人はグリフィンドールだろうなぁ。グリフィンドールだといいな。
でもそこいくと、麗亜さんも神宮寺さんもグリフィンドールっぽいし……。
……柳川さんはスリザリンっぽい。
そんな柳川さんはガイドブック担当です。そしてこっそり恐竜ぬいぐるみ。
柳川さんにジュラシックなパークかウォーターなワールド行ってほしい!!
麗亜さんにはワンピグッズ。
なんとなく麗亜さんにはルフィよりエースの帽子だなと思ったのですが、ルフィでも似合いますね。
少年漫画の主人公が似合う女性。
なお、画面に描けてないだけで、ポップコーンバケツも持ってます。
麗亜さんとお菓子はワンセットだと思ってる派です。
神宮寺さんには、みんな大好きミニオングッズを!
子どもみたいにハッチャケた格好をしてほしい大人ナンバーワン。
なぜかわからないけど、神宮寺さんにはキャラクターグッズ持ってほしい…。
ミニオンじゃなければセサミグッズ持ってほしい。

っていうか栗井全員セサミキャラと会ってほしい。
神宮寺さんがエルモで麗亜さんがクッキーモンスターで柳川さんがオスカーでジュリジュリがビッグバードでよろしくお願いします。
ああでも神宮寺さんとカウント伯爵も捨てがたい…クッキーモンスターを餌付けする柳川さんも見たい…麗亜さんとエルモは収集つかなくなりそうだから会わせちゃいけない。

ユニバも行きたいんだけど舞浜も行きたい。
今年1回しか舞浜行かずに終わりそうでびっくりです。
結局今月中に舞浜行く予定はなくなってしまったし、冬のクリスマスイベントも今のところ行ける余裕がなさそうな。
しかしみっきさんに会いたいなあ!

ヌク

wandoro25.png
■ツイッターのわんどろ参加絵。
お題「落し物」
落し物といえば、よくボールを取りこぼす『駄菓子屋前』のヌク!という失礼すぎる連想でヌクです。
直樹君も描きたかったんですが、私の力量では1時間じゃまだまだこれが精いっぱいでした。
というか、ヌクはさらっと描けるけど直樹君は描けない……。

ちなみに、『駄菓子屋前』をわんどろで描いたのは、失礼な連想ゲームで思いついたからだけではありません。
次に出る本が駄菓子屋前らしいと、23日のサイン会に行った人がツイッターで言ってたからです。
やばい(やばい)
だ、だ、駄菓子屋前3話目…?
まさかまさかの?本当に!?
短編2話分ですでに楽しすぎたのに、まだヌクと直樹君の話が読めるなんて!!
っていうかアンソロに収められた短編がこんなに続くのありがたすぎでは?
しかも駄菓子屋前の後は大中小、マチトムと続くということですので……正座でお待ちしようと思います……。

その他サイン会では、
・仙ちゃんは良家の出身っぽい。
・パイカルくんの誕生日は3月14日(π=円周率)
・ジオット氏はすでにボケてるため探偵卿引退してる。
などなど、いろいろ情報飛びかってました。
仙ちゃん、いいとこのおぼっちゃんなのにコンビニ王目指してるところ素敵すぎるし、なにかしら実家との間に溝がありそうな気がしてどきどきする。
パイカルくんホワイトデー誕生日とか天使じゃないですかーーー!!!
ジオットさんはとにかく生きてて良かった。ほんとによかった。


■『コンビニ人間』読了。
友人からはあまり良い感想を聞けなかったので、どんな内容なのかと気になってたんですが…。
軽くさくっと読めるのに、とても精神的に疲れる本でした。
主人公の周りの人間が精神的にも生理的にもキツイ本でした…。
主人公はぜひ『怪盗クイーン』の仙ちゃんと出会ってほしい。確実に重宝される。幸せになれる。


■なお、関西でサイン会が行われている間、関東の私はひたすら家庭内害虫の駆除に燃えておりました。
存在を確認したのに取り逃がしてしまったときの絶望感と不安と恐怖と不眠……。
薬局でいろんなタイプの駆除剤を買い、手元に武器が揃ったことで得られた安心感。
とりあえず燻蒸したし、念のため毒餌もセットしたし、唯一の侵入経路と思われるエアコンの外ホースもふさいだし(ストッキング切ってはめた)、念のためエアコン内部もスプレーで掃除したし、いざという時のためにスプレー式殺虫剤も枕もとに置いたから、できることは全部やったはず。大丈夫。

こんなに神経質な性格だったかなと首を傾げたり、ひとりで敵と対峙する辛さを知ってナーバスになったり、掃除の大切さを思い知って反省したり、なんやらかんやらまだまだ知らないことや失敗することだらけで生きてます。
10月でとうとう引っ越し1周年。

ドリームキャッチャー


■髪長め柳川さんらくがき。
最近この髪の長さ描いてないなと、ざかざか。
久しぶりに描いて思ったことは、「やっぱり柳川さんが柳川さんなら何でもいいな…」ということでした。
投げやりなのではないのです。しみじみ思うのです…。



■今まで飾ってたドリームキャッチャー(左)と、新しく買ってきたドリームキャッチャー(右)。
ドリームキャッチャーというのは、枕元に吊るしておくと悪夢を防ぎ良い夢を見せてくれるというエスニックアイテムです。ネイティヴアメリカンに伝わるもの。
古い方がボロボロになってきたので、新しいの欲しいなと思って買ってきました、が、小さすぎました…500円だから仕方ない…。
しかも新しいの買ったからといって、古い方を捨てる気にはまだなれない。
思い入れが強いのです。


とりあえず、ポスター代わりに飾ってあるカレンダー表紙と合体させる。

数年前、エスニック店の福袋に入ってたのが左側の蝶々型でした。
ちょうど赤い夢アンソロが出た年でした。
それから1年以上、今までは考えられないくらい楽しいことや幸運なことが続いて、「ドリームキャッチャーつよい!!!」と勝手に思ってました。
あくまでもこれは悪夢を防ぐアイテムであって、幸運を呼ぶアイテムではないのですが…。

それにしても、人生には本当に奇跡みたいな期間があるんだなと思います。
でもよくよく考えてみると、突然奇跡が降ってきたわけではないんですよね。
私の場合は全て、はやみね作品が好きで絵を描き続けてたのが運よく形になり、それが引き金で創作意欲が続いて、いろんな人とお会いする機会もできて…。
楽しかった、幸せだったと思う期間は、ずっと何か作っていた気がします。
最近の自分は果たしてどうか。

先日、大変ありがたいことに、今まで出した2冊のドウジンシィのご感想をいただきました。
むっっっちゃくちゃ嬉しかったです……語彙力がないから言い表せないんですけど……。
自分が好きだから好き勝手に描いた漫画だけど、それを読んでくれる人がいて、しかも楽しんでくれたとわかったら、こんなに幸せなことはないです。
そして創作意欲が湧く!!

幸せになる手段の1つは、何かを作ることなんだなと自覚した今日この頃。

こわがり&富田林先輩

■海外アーティストのインナという女性を知り、曲を聴く日々。
自分は生粋のオタクなのでクラブにもディスコにも行きませんが、その辺りのお店でかかってるような曲は大好きです。
重低音もシンセサイザーの音も大好き。
ダンスミュージック全般が好き。
体が動き出すような曲は、聞いてて楽しい!


■今年は結構読書ができているなと思います。
ブクログにもいろいろ登録できてるし、読みたいと思って登録したものを消化できてる気もする。いや、全然減ってないけど。
最近読んで面白かったのは『十二人の死にたい子どもたち』です。
これ、タイトルどっかで聞いたことあるなと思ったら『十二人の怒れる男たち』が元ネタだったようで、納得しました。

それにしても、やっぱり1人の部屋でミステリー読むの向いてないな自分は!!
雰囲気がなんとなく怖い、というだけで読み始めたのを後悔するのだから。
最終的な感想が「面白かった」だとしても、途中で感じた怖さは忘れられることがなく、ふとした瞬間に「怖い」という感情だけがよみがえってハッとする。
早い話が怖がりなのです。
そんなんでよく今までミステリーだの京極夏彦だの読んでこれたな!!って思うけどそれは実家だったからなんだなー(遠い目)
はやみね作品が人死なないミステリーでよかったなぁ……主にマチトム……。

人が死ぬミステリーでも児童書なら怖いと思わないんでは!?
って思ったけど普通の児童書で人が死ぬミステリーはないし、あるとしたら児童書じゃなくYAだ。
なお、『少年探偵団』はたぶん怖い(乱歩)
……あれ!?もしかして少年探偵団読むの難しい環境に今いるの!?


■追記に『ディリュージョン社』のらくがき。

続きを読む

わんどろジョーカーくん


■わんどろで描いたジョーカーくん。
お題の1つだった「サルエルパンツ」が描きたくて。
最初はいつも通り柳川さん描く気満々だったけど、たまには別のキャラにエスニック着てほしい。
……柳川さんにエスニック着せるの普通の行為だと勝手に思ってるのやめよう…?公式で着たこと一度もないからね…?(震)
内人くんに対しても同じ罪を背負ってる。

ジョーカーくん500年ぶりくらいに描いた気がします。
黒髪短髪無表情屈強男子が好きな人間としては、ジョーカーくんはミラクルパーフェクトな存在なわけですが、自分で描くとなると話は別だって感じで遠のいてしまって悲しいです。
卓也さんも同じ。
大人の男性の体格とは?


■池袋で『ディリュージョン社』引き取ってきました!
整理券付きだー!よっしゃー!
途中まで読んだだけでも大変楽しいです。
これ、図書館好きがニヤッてするポイントあるから図書館好きにもちょっと読んでほしい……。
あと、今回児童書じゃないため挿絵がないので、いろんな人の想像したキャラデザ見れたらいいなぁと思ってます。
一般書の楽しみはこういうところにもある。


■毎週ワールドプロレスリングを録画して見ては、試合展開に拳を握り、のけぞり、なんかやたらテレビの前で動き回ってます。
昭和初期の映像とかでテレビに群がってプロレス見てた人たちがよく出ますが、みんなこういう気持ちだったんだろうなと1人でタイムスリップ気分です。
なお、今いちばんすきなのはBUSHI選手です。
新日本プロレスの、悪役チームの覆面レスラーです。
覆面っていう時点ですでにかっこいい。
さらに、ネットで試合動画見たら、起き上がり方がすごくて一瞬で心奪われまして(起き上がり方)
なにあの……ブレイクダンスみたいな回転しながら跳ね起きる方法……。
とどめは挑発ポーズでした。寝転んで両手の上に顎のせて足をパタパタさせるっていう。
女子力!!!!
かなり本気で観戦に行きたいけど純粋に時間がないので我慢するしかありません。
ほんっっとにいつか行きたい……!


■今期アニメにおける本命は『有頂天家族2』でしたが、『アトム・ザ・ビギニング』がダークホースすぎて脳内処理が追いつかない今日この頃。
アトムの前身となるロボット「A106」が、あらゆる意味でかっこよすぎる!
姿も!強さも!動きも!
あと、多分A106と人間の女の子との間で恋とも友情とも言い表せない絶妙な絆ができるでしょ私わかってるのよ異種間恋愛好きの勘がそう言ってる(勘)
なお、大学時代のお茶の水博士と天馬博士の関係については、1話目の時点で釣られ済みです。なんだあの2人。
OPの疾走感もすき……。
特にOPでよくわからない戦隊的ポーズとるのが好き。すごくフツーの学生感がある。
この2人が後々アトム作ったり育てたりする、というよりは、もう完全に別次元のストーリーとして見ていきたい……。
天馬博士は天馬博士であり、こっちはただの午太郎として人生歩んでほしい……重い……。

ちなみに有頂天家族2に関しましては、まだ2話目放送されたばかりですがブルーレイボックス予約しました。
買うの迷ってたんですが、CMの金閣銀閣がしぬほど可愛かったので、背中を押されてしまって。
前はDVD1巻ずつ買わなきゃいけなかったけど、今回上巻下巻のボックスだから楽でいい!
特典いっぱいついてくるし!
またイベント行きたいな。抽選当たってください頼む。
GWの京都旅行も迫ってる!行く順番とか考えておかないとまずい!
プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード