USJ帰ってきました


■2日連続USJの旅、行ってきました。帰ってきました。
最高に最高に楽しかったです!

とりあえず御一行様アクスタの写真だけあげておきます。
持ち主の写真技術とセンスのなさが光る写真達。
まずはUSJの玄関の地球と記念写真!
の、はずでしたが、ユニくらいしか文字が見えていない。


リズムアライブという、セサミストリートのキャラが出るショーの待ち時間に撮ったもの。
時間があって暇だったからって、とりあえず撮っとけばいいというものじゃない。


本来はこういう演奏会ショーです。
後日感想を話す予定ですが、これめっちゃくちゃ楽しかったです。


ジョーズに食べられに行く御一行様。
サメくらい、たぶん柳川さんがなんとかしてくれる(無責任な信頼)


魔法界にも行きました。


魔法界の入り口にあるホグワーツ特急に、魔法界から出る段階になって気がつく。

せっかくいろんな所に一緒に行けるようになったので写真も撮りたいのに…!

ドロシイ殺し


■『ドロシイ殺し』読了。

とてつもなく久しぶりに本を読んだ気分です。
はやみね作品以外の、本。
今年は春コミに向けて原稿書いて、スパークに向けて原稿書いて…って感じだったので、びっくりするほど全然本を読んでいませんでした。
読んだ本ははブクログで管理してるのですが、去年の読書グラフと比べると量が一目瞭然で少し寂しいです。
読めば描けず、描けば読めず。
読みたいし描きたいんだけどなぁ。

『ドロシイ殺し』のネタバレ感想メモを追記に置いておきます。

続きを読む

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

シング・ストリートとツッパリ

■缶コーヒーをよく飲むので、そろそろ自分用に美味しさ比較表でも作ったらいいんじゃないかと思う今日この頃。
ジョージアはほぼジュース、とか…(とても甘いの意)
個人的にはワンダかファイアが好きです。
ワンダモーニングショットよ、永遠なれ。


■映画『シング・ストリート 未来へのうた』見ました。
80年代の洋楽が流れるらしいぞ、という情報だけ仕入れていたので、そこを楽しみにしてました。
見た結果ですが……やっぱり80年代の洋楽が好きだなとしみじみ思いました。

ざっくりあらすじ。
14歳の少年コナーは、両親が不仲だったり転校先の学校でいじめられたり人生最悪。
そんな中、大人びた少女ラフィナの気をひくため、「ぼく達のバンドのミュージックビデオに出て」と誘う。バンドはこのあと慌てて結成する。
この日から、コナーは仲間達と様々な曲を作り上げていく。
音楽、ファッション、学校、恋、家族、未来の話。

コナー達が歌ってる歌は映画のオリジナル曲なんですが、これがイイです。すごくいいです。なんていうか、現代で作った曲なのに、80年代感がすごい。
特に最初に作った「モデルの謎」という曲!
男の子達が化粧をしてジャケット着て憂鬱そうな歌を歌う、この不思議な感じは、ニューロマンティックって呼ばれるジャンルの曲ですね!?
以前スパンダー・バレエにハマった時ちょっとだけ80年代イギリスのロックについて調べたので、わかって興奮しました。
スパンダー・バレエ自体の曲も映画内で流されてて嬉しかったです。

個人的に一番好きな曲は、映画オリジナル曲のDrive It Like You Stole Itでした。
駆け抜けるポップ感。そして80年代感。
サントラ借りてきたい…。


■べつの80年代ですが、ドラマ『今日から俺は!』見てます。
とてもとても楽しい!!
あと橋本環奈がかわいい。
ツッパリや短ランやスケバンという存在が大好きなので、毎週大変楽しみに見ています。
OPで出てくる出演者テロップのフォントの古さがめっちゃ好きです。
本編中のメタネタや昭和ネタもすきなので、今後も気をつけて見たいところ。

タイ旅行記その4

■鈍足フルスロットル、レッツゴータイ旅行記。
旅行3日目、タイ到着2日目の午後編です。
今回はムエタイショーを見に行きます。


続きを読む

インド映画2本とディズニー1本

■先生、フランス行かれるそうで。
クイーン関係の取材なんでしょうか。どきどき。
奥様が手袋買ってくれたことに喜ぶ先生可愛らしすぎでは…?
東南アジア以外の国に行ったことがないので、フランスって何持っていけばイイんだろうなと私も気になります。
またドイツ旅行記みたいにフランス旅行記読みたいなあ!
ブーーーメラン(5月のタイ旅行記書き終わってない人)


■インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパンが始まったので、行ってきました。
つまりインド映画祭です。
毎年渋谷の映画館で、インド映画を何本か1ヶ月間上映してくれるという催しがやってるのです!
去年初めて参戦し、たくさんのインド映画を見れてとても楽しかったです!
というわけで、今年も行ってきました。
まずは2本!!
……あと1本見たいものがあるけど、行けるかなどうかな微妙…。

以下、公式サイトにも載ってるレベルのあらすじと、ネタバレを避けた結果ざっくりしすぎな感想です。


『あなたのスールー』
おしゃべり好きでお料理上手、とっても明るくて笑顔が似合う主婦スールー。優しい夫と子どもの世話をしつつ、働きに出たいとも夢見ている。
そんな彼女が突然ラジオDJに!
しかも担当番組は、深夜のちょっとセクシーな枠!
意外にも順風満帆かと思いきや、不穏な影が家族仲の方へ差してくる。

【感想】
面白かった。
基本はコメディだけど、家族の大切さがわかる映画。主婦が働くことのメリット、デメリットが、一気に描かれてた。
自由奔放なスールーを取り巻く人々が、優しい人多くてうれしい。
ミュージカルシーンはちょっと無理矢理入れた感がある!!


『SKTKS~お見合い大作戦~』
イベント会社に勤めるソヌー(男)は、大手菓子屋の息子ティトゥ(男)と幼馴染。
ティトゥが恋愛で泣くたびに、呆れながらソヌーが慰めている。
そんなティトゥがある日突然お見合い結婚することに!
お相手のスウィーティーは美人で明るく聡明な、超理想の結婚相手。
しかし彼女が気にくわない、というか親友を誰かに取られたくないソヌーは、あの手この手で破談に持ち込もうと…。

【感想】
コメディ!パーティー!派手なミュージカル!
そしてブロマンスVSロマンス(って文字が予告動画に本当に出てくる)
そういうことです。
友情と呼ぶには距離が近すぎるが、だからといって恋愛ではない。絶対にない。
ブロマンス……。
これで映画1本作るんだからインドという国がわからない。わからないけど私の心には確かに刺さりました。インド映画ありがとう。


■ディズニーの実写映画『プーと大人になった僕』も見てきました。
家庭を持ち、すっかりおじさんになったクリストファー・ロビンが、プーさんと再会する映画。
これは追記にネタバレ感想置いときます。
最初から最後まで、ハンカチが手放せない映画でした。
優しい世界…。

ちなみに吹き替え版で見ました。
なんの前知識もなく行ったら堺雅人さんの声でクリストファー・ロビンが喋り始めて「優しさ五割増し!!!」って思いました。

映画思い出しながら書いたら、なぜかリアルタイム感想文みたいになりました。

続きを読む

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
読んだ本
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード