劇場


■もっと綺麗なところで撮ればいいのにという一例。
年末に実家帰った時、妹2がくれたガチャ景品です。矢三郎かわいい!!
本当はペン立てなんですが、全然立てられなかったのでリップクリーム持たせてみたら、意外とハマってしまったのでした。


■お弁当=おにぎり1個という生活を続けて1年。
いい加減飽きたので、試しにおかず用のケースを買ってみました。
これでいよいよお弁当デビューか!と思いきや、ケースに入れるのはまだ梨とかです。
次回はシューマイがみっちり入る予定です。
お弁当とは?


■又吉さんの『劇場』やっとこさ読みました。
読後感のやるせなさ。
主人公の永田は、どう控えめに言ってもロクでもない男なんだけど…なんだけど……。
やっぱり点々と「その弱い部分よくわかる」というポイントがあって、嫌いにはなれないのでした。
ただ本っ当に永田ロクでもないので、全肯定はできない。しちゃいけない。
そしてそれ以上に青山の存在が私は許せない。

今のところ、又吉さんのほとんどの本に対して、弱さへの共感を感じてるのが苦しいところです。
なんだろう、この、身を切られる痛みのような…仲間意識の喜びのような…。
あと、『火花』のときもそうでしたが、長いセリフに入ると泣けてくるのが凄いなと思います。
また新作を読みたい。

ピューロランドと春の予定

■毎年のことながら、おせちを大量に食べてなんとなく体が重くなった三が日でした。
このまま実家暮らしに戻りたい…と思いつつ、体を引き剥がすように帰ってまいりました。


■今年こそは春コミに出たいなーーーと思いながらグウタラしてたら、春コミ申し込み締め切りが迫ってて肝を冷やした今日この頃。
こ……こわ……えっ、ていうかまだ原稿の下書き終わってないのに出る気なの……?
そうだよ出るんだよ目を覚まそうな!!!(裏拳)

A-type (270x400) (2)

というわけで申し込みしちゃったので出ます。
『君の名は』テレビ放送の後でアレですが、入れ替わりネタです。
竜王グループの開発した入れ替わりマシンの試運転を栗井栄太も交えてぐるぐる進めていくっていう、のんきな話。
やっぱりお金持ちの力でわけのわからないアイテムを開発するのは鉄板だと思うんですよね!
ってことで、オールキャラギャグ本となる予定です。
この新刊が出なかったら、前回の柳川さんと内人くんの本が10冊だけ机に並ぶという悲しすぎる展開になります。
……が……がんばろ……がんばろ……。


■そういえば年末に友人とサンリオピューロランドに行ってきました。
今やってるキティちゃんの宝塚レビューショーがそろそろ終わってしまうということで、見に行く友人にくっついて行ったのでした。
一度だけ見たことがあり、いかに男装キティさんがかっこいいか知ってたので今回も楽しみにしてました。相変わらずかっこよかったです。
大階段でポーズ決めるキティさん最高にかっこいい。ちゃん付けで呼べなくなってしまう…。

ところでこの宝塚レビューショーの前には、普通のミュージカルがあります。
ミュージカルなのでキティちゃんも歌います。
この時点で「歌が上手い…さすが中の人…」って感じだったんですが、その後パレードなどで一日中キティちゃんの歌声を聞いた結果、「CDがほしい」というレベルにまで達しました。
あくまでもキティちゃんの歌声が聞きたい。

あと、友人イチオシの『ちっちゃな英雄』という舞台も観てきました。
これはショーじゃなく完全に舞台です。
若手俳優がいっぱいでる舞台です。
ストーリーテラーとしてマイメロは出てくるけど、サンリオ要素はそこだけ。主役は俳優さん達。
これが予想外に楽しくて大変でした。
話の内容としては、勇気と思いやりを持つ家ネズミのジョージが困難を乗り越えて大団円を迎えるというもの。
この主人公ジョージが途中で出会う、気っ風のいい森ネズミの兄貴分がいるんですが、完全にツボでした。
すっき!!!
なお、この舞台は俳優さんのチームが2つあり、私が観たのはチームミラクルという方の俳優さんでした。
今はあくまでも「兄貴キャラが好き」という方向なんですが、見比べたら「こっちのチームの人が好き!」ってなるんだろうなと思います。そうして若手俳優さんにハマっていくんだ僕にはわかる。
チームミラクルの兄貴分は面白くて楽しくてかっっっこよかったです。
もう1つのチームも見たい!
原稿終わってからだよ!!!(裏拳)

マサラ上映

■マサラ上映。
それは、映画に合わせてクラッカー鳴らしたりラッパや鈴を鳴らしたり紙吹雪を撒いたり、時には踊ったりもする……簡単に言うとインド式応援上映です。
まぁ、インド式なのでもちろん見る映画もインド映画でして、マイナーゆえに見る人数が少ないため盛り上がりレベルは応援上映に程遠いんですが…。
それでも、ずーっと行ってみたかったマサラ上映。
初参加してきました!
おもしろかったーー!!

今回行ったのは、キネカ大森という映画館です。
毎年年末にマサラ上映をやってくださってるそうで、ありがたい限り!
ちなみに、映画館が入っているビルは1階と2階がスーパーの西友で、その上にブックオフがあり、最上階にひっそり映画館があるという、なんだかちょっとわくわくする小ささのミニシアターでした。
スーパーの上に映画館って凄いなぁ…生き残ってる感がある…。

今回はマサラ上映初参加ということもあり、席は後ろの方を選択。
自分が盛り上がりたいというより、盛り上がってるみんなを見たい。という気持ちで行った…んですが。
なんと上映前にクラッカーとパフパフラッパを貸してもらっちゃいました。
多分映画館の方だと思うんですが、物凄くありがたかったです!
準備が良すぎる。

上映前に、有志の方からマサラ上映に関する説明がありました。
注意点は、クラッカーは頭上に向かって放つこと。周りのものを壊さないこと。喧嘩をしないこと。そして、上映後にクラッカーの残骸などのお片づけをすること。
「お片づけまでがマサラ上映です!」
さらに、マサラ上映初めての人、もしくは映画『スルターン』を見るのが初めてという人のために、映画の一部をちょっとだけ見せて騒ぎ方のお手本(笑)をやってくれました。
主人公スルターンがレスリング会場に現れるシーンでしたが、出てくる前からパフパフ!出てきた瞬間クラッカー!フーゥ!!
た、たのしいいいいいい!!

そんなお手本のあとで、いざ本編!
の、前に流れる、インド航空会社などのCMの時点から盛り上がる会場!はやい!(笑)
本編では、ミュージカル始まったら紙吹雪が舞いペンライトが光り、ヒロインが出てきたら待ってましたとばかりにクラッカーが鳴り、試合が始まればパフパフ応援し…。
本当に楽しかったです。
上映後のお掃除まで含めて楽しかった!
明るくなった場内で紙吹雪をよく見たらチラシを細かく切ったものだったようで、発想が素晴らしい…とおののきました。
いいなあ…今度は絶対鈴とかパフパフラッパとか持参しよう…ドンキ行けば買えるかな。
また行きたいと思います!

キュウレン素顔の戦士と映画


■まさかのキュウレンジャーショー素顔の戦士回。
妹2と行ってきました。
ドラマ出演者の皆さんは…輝いていました…。

素顔の戦士回は抽選制ということで、妹2のためにダメ元で応募してたんですが、まさか当たると思わなかったです。
なにしろキョウリュウジャーの時は1回外れてるので…。
そんなわけで、見れるだけでも「よっしゃラッキー!」って感じだったんですが、席が大当たりすぎてラッキーどころじゃなくなりました。
前から2列目。
えっ…こわ…えっ、なにこのくじ運…。
しかも会場であるシアターGロッソは、客席とステージの距離がむちゃくちゃ近い。
当然俳優さん達との距離も近い。
もう、妹2と一緒に「こわ」しか言えないロボットと化していました。
私の抽選運ぜんぶ使い切った気がする。

以下、ショーの箇条書き感想。
一応本編のネタバレなしです。

・スーツアクターさんによる敵怪人の性格や演技が上手くて面白くて、正直負けてほしくなかった。
・素顔の戦士出た瞬間の歓声。
・ラッキーを目の前で観れた時の「足長い…」という感動。あと「肌が…若い…」という感動。若い…。
・全員さすがの身体能力!
・アフタートークで、キャラを保つか役者に戻るかがまだみんなブレブレで可愛かった。ちなみに、スパーダとナーガはキャラ保ち派。ラッキーとハミィがうっかり派。スティンガーが役者戻り派。
・スパーダ「地球の人たちは目玉焼きにソース派か醤油派で別れるって聞いたんですけど、みんなはどうですかー?今後のオリオン号のメニューの参考にしたいと思います!」
・ナーガ「俺は塩コショウ派だ」スパーダ「…えっ、目玉焼き食べたことあるの?(笑)」ナーガ「実はな(笑)」
・スティンガー喋る前に顔の前でシャッター下ろすみたいにスッと両手を下げたので、「あっ、素の顔出すんだな」と気付いた。
・ラッキー「今日のキュウレンジャーまだ皆さん見れてないと思うんですけど、めちゃくちゃシリアスです」
・ラッキーがちょっと危ういこと言った瞬間、体ごとラッキーの方に向けてそのまま凝視し続けるスティンガー兄貴。
・スパーダの生「グラッチェ!」は、気合い入りすぎてむっちゃ声高くなってた。可愛い。

来年またすぐ別ストーリーの素顔の戦士ショーがあるらしいんですが、私も妹も大好きな鳳ツルギがとうとう出るということで「なんてこった!」と驚き、とりあえず抽選申し込みだけはしておきました。
ドラマ本編におけるツルギとスパーダのアドリブ掛け合いが大好きで…。
役者さん的にメンバー内でも年長さん達なので、なにか掛け合いやりやすいんだろうなーと勝手に思ってます。
当たるといいなぁ。
…今度は席遠くていいよ…近い場所はちびっこに当選させたげてよ…。


■映画を観る予定が結構な数になっていて、ビックリな今日この頃。
今月中だけでもこれから4本行くつもりでいます。
来年は来年で、1月からのスタートダッシュがあれやこれや…。

来年分も含めて、観るつもりの作品達。
・鎌倉物語
・スルターン
・カンフー・ヨガ
・仮面ライダー
・オリエント急行(1月)
・スター・ウォーズ(1月)
・クイーン 旅立つわたしのハネムーン(1月)
・グレイテスト・ショーマン(2月)
・リメンバー・ミー(3月)

1月も3本予定入ってた…把握してなかった…。
『スルターン』は、10月に全力で観に行ったインド映画のうちの一本です。
2回目。しかし記念すべき1回目でもある。
なぜなら今回…念願のマサラ上映(映画に合わせて歌ったり踊ったりクラッカー鳴らしたりしていい)だからです!!
うわーっ!楽しみー!!
年始には最愛の『ディシューム』も再上映らしいけどなぜかマサラ上映じゃないので我慢。ざんねん。マサラ上映なら絶対最高に盛り上がるし絶対行くのに。

ちなみに1月行く予定の『クイーン』もインド映画です。
婚約者から結婚キャンセルされた女性が、新婚旅行で行く予定だったヨーロッパに1人で行ってしまうという話だそうです。
……なんか、インドって結婚式ドタキャンする話多くない?流行りなの?
『バドリナートの花嫁』と『ハッピーただいま逃走中』は花嫁が逃げる話だったなと思い出す。
っていうか、結婚式のシーンそのものが多い。これは確実に多い。どの映画でもよく結婚式やってる。
そしてほぼ確実にミュージカルに流れ込む。
お祝い等で人がいっぱいいる場面になるとミュージカルが始まる、というインド映画あるあるを最近発見しました。

観に行く予定の映画について考えながら、「もしかして私は映画が好きなのでは?」とハッとしました。
読書好きの自覚と自信はあるけど、映画好きって自覚は今まであんまりありませんでした。
でも、まぁ、思い出してみれば…1人でよく行くなぁ……そっか……私は映画が好きだったのか……。
よくわからないけど、しみじみとした気持ちになった今日この頃。

コラボジェラートと火花


■有頂天家族が今度はジェラートとコラボしたというので、行ってきました。
吉祥寺のヨゴリーノというお店です。
それにしても、コラボ続きすぎでは…?
嬉しいんだけど戸惑う。
アニメ本編は終わったのに…まだいろいろやってくれるの…?
これキョウリュウジャーの時にも思ったなぁ…。


ヨーグルトベースのジェラートを出すお店だとは聞いてましたが、あっさり味かと思ったら予想外にこっくりまったりしていて、とても美味しかったです!
ちなみに食べたのは「天狗ヨゴリーノ」。


缶バッジは矢二郎兄さんが当たりましたー!やったー!!
くじ運使い切った!!


■映画『火花』見てきました。
原作小説ほんとに好きで…映画も実は楽しみにしてたんです…。
ひとこと感想としては、
とってもよかったです。

映画は映画で好き。
小説とは違う良さがありました。
個人的に原作小説は、主人公徳永が師匠神谷さんを信用して信頼して信じきって生きているという、ある意味浮世離れした話のイメージでした。
それが映画になったおかげで、登場人物たちをリアルな人間として実感できた気がしました。
たぶん、先にNetflixのドラマ版見てたらまた印象替わったんだろうなと思うのですが…。
ドラマ版見たいなぁ。

本編後半でボロ泣きし、エンディングロールでボロ泣きする。
エンディング曲の『浅草キッド』が……すき……何も言えなくなる……。
この歌と、スタッフロールに流れていくたくさんのコンビ名が、『火花』そのものだったように思います。
そういえば、演劇は時々見に行くけど、漫才ライブは見に行ったことがない。
落語も気になるけど漫才も気になる。

神谷さんのスカジャン柄ポーチ本気で欲しい!!
使い道がない!!くやしい!!
プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード