300人大サイン会レポ

fc2blog_20160530064310685.jpg

■300人大サイン会のレポやります!
って朝まで意気込んでたんですが、お昼に衝撃的すぎる情報を得たのでちょっと気がそぞろです。
もはやどこから喋ればいいのか、何をしゃべればいいのかもわかりませんが……とにかくレポやります。
たぶんツイッターとか探した方が詳細な情報出てくるんで、ちゃんとしたレポ知りたい方は検索してみてくださいね……。

【会場】
300人大サイン会やるよ!って公式発表があった時点ですごいなーと思ってましたが、会場が講談社って判明したときはさらに驚きました。
こうだんしゃ……!?
というわけで、まさかの出版社初潜入となりました。
べつにお仕事をしている場所を通ったわけではないのでアレですが、どきどきでした。広い……重厚感がある……。
守衛さんや受付のスタッフさん(社員さん?)に案内されて、スムーズに本会場までたどり着きました。
本会場は、一言でいうと「体育館」
両脇に肖像画とか飾ってあったから、さすがに体育館ではありませんが、なんだろう、講堂?
入り口はいると真正面にステージがある感じでした。ただ、部屋の真ん中に仕切りが置かれてたので、向こう側の様子はよく見えてませんでした。ステージの上の方が少し見えるくらい。
どうやら仕切りの向こう側でサイン会をやってるらしいと知ったのは、何度かお会いしてるはやみね作品ファンの方と合流出来た時でした。

【年齢層】
そもそも300人規模のサイン会ってどうやるの?って思ってたんですが、時間で分けられてました。
私は15時半からサイン会開始組。ブロック的には4回目(最終)のブロックだったようです。
小さい子いっぱいいるのかなと思ったら、意外にも大きなお友達がいっぱい。
それもそのはずで、時間ごとにどんどん年齢層が上に行くように配慮されてたそうです。
ありがたい……おかげでいつも仲良くしてもらってるはやみねファンの皆さんとも再会できました。
サイン会があると勝手にオフ会になるんですよね!たのしかった!
もしかしてあの人はと思った方もいたんですが、すぐに見失ってしまって声をかけられなかったことも。
逆に「そのスカートはもしかしてと思って」と声をかけていただいたりもしました。エスニック好き公言しとくと良いことある。

【展示】
仕切りの手前側には、いろんな展示物がありました!
書店でときどき見かける教授のパネルやクイーンとジョーカーくんのパネルはもちろん、クイーン新刊の表紙ポスター、はやみね作品(青い鳥文庫限定)の好きな表紙総選挙、先生の愛用品紹介写真などなど。
そして最大のお宝は、先生直筆のネタ帳の数々!いろんなコミカライズに関する資料集!
完全に先生の私物なようで、こんなオタカラを公開しちゃっていいの……担当者さんからのFAXまで保管されてるすごい……って思いながら見させていただきました。
コミカライズ版未来屋を描いた時は、武本先生もまだ新人という扱いだったんだなぁ……。
未来屋初期設定画の中に、ストレートヘアで前髪長くて目が隠れてる猫柳さんがいて、一瞬で心奪われたりしました。

【サイン会本編】
さて、しばらく展示スペースで待機した後、いよいよサイン会スペースへと案内されました。
一目見た感想「卒業式だ!!!」
ずらっと並べられた椅子。ステージの真ん中に用意された机やパネル(大中小3人のパネルと、マガジンエッジ次号の表紙パネル)
そして先生。
この後説明を受けてわかることですが、最初に渡された整理券の番号順にステージに上がり、サインをしてもらうというスタイルのようでした。卒業式だ。
席はいっぱい空いてましたが、私たちのグループは後ろの方に固まって座ることに。
最初に先生のお話があり(午前中は可愛い小さい子たちがいっぱいいたのに今は年齢層が違うなど)、とうとう1番から順番にサイン会開始となります。
っていうか300人分のサインだなんてどうするんだろうと思ってたら……手で書かれてて……せ、先生手は大丈夫なんですかって感じで……。
司会の方が「休憩挟まなくて大丈夫ですか。腱鞘炎とか」って最初に言ってらしたのに、右手を手招きするようにくいくいと動かして大丈夫アピールする先生がかわいいやら凄いやらでした。
あと、時間などの都合上、自分の名前は書いてもらえないとのことでした。
その代り質問などお話をいっぱいしてくださいと。
名前なんか…自分の名前なんかいいんですよ…!全然書かなくていいんですよ…!って気持ち。

【サインをいただく】
何番~何番までの人、と呼ばれて5人くらいの列ができて順番にステージに上がってサインをいただきました。
その間、椅子に座ってる人たちが見守ってます。
お一人で来た方などはそのまま帰られてましたが、すでにオフ会と化していた私たちのグループはサイン貰ったらまた席に戻ってきてました。
そのため、「今日も皆さんでいらしたんですか?」「あの一角ですね」といったコメントを先生からいただいた方もいるらしく、把握されてる…と嬉しいやら申し訳ないやらな気持ちになりました。
サイン貰ったら横にくじ引きの箱を抱えたスタッフさんが笑顔で控えてました。
そうなんです。今回なんとくじ引きがありまして、豪華商品だらけでして!
クイーンの複製原画ポスターとか、クイーンストラップとか。先生直筆のうちわとかもありました。
私は『怪盗クイーンの優雅な休暇』の複製原画ポスターを貰いました。
サイズB4かな。イルマ姫が好きなので嬉しい!当然のように部屋に飾りました。
「子どもたちの笑顔を見るのが好きで」くじを用意したということでした。
ちゃっかり大きいお友達も笑顔になれました…。

【それぞれの情報戦】
今回結構ゆったりお話ができた気がします。
本屋さんじゃないし、後ろに待ってる人の列があるわけでもないから、そんな感じしたのかな。
おかげで前の時間帯の参加者さん達の質問事項含めて、今回すごい情報ばかり手に入ることとなったのでした。
そして最初の私の、「お昼に衝撃的すぎる情報を得た」という話に戻るのです。
ある人が得た情報によると、「柳川さんは今傭兵をしている」とのことです。

【情報たち】
ほんっとーに何をどこから驚けばいいのかわからない状況なんですが、とりあえず私が把握してる情報だけメモしときます。
・『クイーン』T25今後のお話に登場予定(生きてるのか回想シーンとかなのかは不明)
・ヤウズくん何カ国語もしゃべれる。お嬢様とはドイツ語でお手紙書いたり。収容所で多言語教わるとのこと。
・ヤウズくん新刊でえらい目に合う。
・新刊の表紙にいる新キャラは、男の子がパイカル(探偵卿見習いフランス人)。メガネがヴァドエバー(探偵卿)
・緋仔の短編がそのうち出る(過去編)
・『大中小』基本メンバーは3人だけ(恵理人くんは人手足りない時に出てくるかも?)
・『マチトム』矢吹くんの下の名前はじょういちろう。
・麗亜さんより柳川さんの方が先に栗井に入った。
・柳川さん、大学に友達いない。そもそも大学にほぼ行ってない。今執筆中のところでは海外で傭兵してるらしい。
・マチトムアニメ化の話は今のところない。「嘆願書おねがいします」

というわけでして……すごい……すごいですね皆さんの情熱と情報収集力……。
そんな中「三重県のおすすめのおいしいものなんですか」って聞いたのが私です。
いや、個人的にはどうしても聞きたいことだったから…!夏に行くから!
ちなみに答えは即答で伊勢うどんでしたが、「何も乗ってないの食べてください。最後はつゆにご飯を入れて食べてください」という細かいお話ももらえました。
伊勢の旅行本も買ってきたし、予定立てるぞー!おー!


yanaraku2.png
■居てもたってもいられず落書き柳川さん。
こないだスランプがどうのと言ってましたが、そんなこと気にしてる場合じゃない!
実力に対する不安や不満を蹴散らす勢いの創作欲が出るってすごいことだと思うんだけど、そのきっかけが「柳川さんが傭兵やってる」って一言なのも凄いことだと思うよ。
お昼にこの話知ってから、ひたすら顔を両手で覆うという動作を繰り返す今日でした。
はーーー……意味が分からない……好き……傭兵ってそんな……好き……むり……(震)
混乱しすぎて傭兵の意味をぐぐったりしましたが、好き度が上がるだけでした。
うわあん好き!!
もう柳川さんがハイスペックすぎて頂点が見えない!(料理上手、美大生、音楽センス、武器マニア、薬草育てるのが趣味、大型車運転できる、何カ国語かできる、傭兵←NEW!)
そして柳川さんの凄さが増すごとに、柳川さんを青ざめさせることができる麗亜さんと、なんだかんだで毎回ゲームに勝ってる内人くんという2人のレベルも自然とひきあがっていく。
内人くん、傭兵できるような人を相手にサバゲーじみたことして勝っちゃってるわけでしょ……凄すぎて意味が分からないよ……絶対柳川さん内人くんのこと「面白いおもちゃ」認定してるじゃないですか……(偏見)
でもそもそも内人くんのお父さんの内記さんが「そこらへんのもので自衛隊と勝負できる」レベルらしいですし(かつくら2012秋参照)、なんかもうそういう家系なのかもしれない。
おばあちゃんもいるし……内藤家の凄さがじわじわ実感を伴ってきた……。

とりあえず、柳川さん傭兵設定だけで私はしばらく明るく生きることができます。ありがとうございます。
すっかり忘れてるけどサイン会前にラオスフェスも見に行ったんで、時間があればそっちもさらっと書きたいです。

300人サイン会行ってきました!


はやみね先生の300人大サイン会へ行ってまいりました。
というわけで先生に献上したハンコ絵。

レポ書きたいんですが、興奮のせいか気圧のせいか頭痛がするためまた次回に……。
結構長い時間先生とお話できたり、貴重な展示物いっぱい見れたり、スタッフの皆さんも優しくてお茶目だったり、とてもとても楽しかったです!
まさかのサイン会場が講談社本社っていうのがまず凄い。
ついったで繋がってるフォロワーの皆さんにもお会いできて嬉しかった!
なお、展示物いろいろと写真も撮りましたが、上げて良いのかわからないのでうちのブログでは何も出しません。ご容赦ください。

今回先生にした質問。
私「今度三重県行くんですが、オススメの美味しいものはありますか?」
先生「伊勢うどんです」(即答)
やりとりの詳細は後日書きますが、あまりにも即答で力強いお言葉だったので伊勢うどんが神々しいものに思えてきました。
お伊勢参り行った時食べるぞー!

たらすこてら

■昨日某海と王国に行ってきましたが、ビデオ(で写真を撮った)とパソコンを繋ぐものが部屋の中で迷子のため、後日写真とか感想を。
とりあえず海の15周年ショーが良かったです。
クリスタル!
1年間やってるのでまだ見る機会ある!
今回は座り見だったからビデオ撮らなかったけど、1年以内にちゃんと撮りたい!
っていうか8月までに。
年パスという名のタイムリミットが迫ってる…。
今回は諸事情あって本当に年パス更新が無理で、舞浜に行く頻度も少なくなりそうなのが少々辛いです。
仕方がない…仕方がない、けど、ハロウィンには海も王国も行きたい……。


■追記に、未だにBW復活祭を引きずってる絵。
擬人化のクモとサソリとプテラノドンです。ご注意ください。

続きを読む

BW20周年復活祭&QTF1周年イベント

いろいろあって、2日間連続で舞浜に行き、時間つぶしに2時間くらいランド行って別の場所に移動するという贅沢をいたしました。
いろいろとは何か。
トランスフォーマーのイベントです!よ!!
土曜がビーストウォーズ、日曜がキュートランスフォーマーのイベントでした。


■というわけで、楽しみに楽しみに楽しみにしていた、ビーストウォーズ復活祭へ行ってきました!
そもそもどんなイベントかっていうと当時の声優さん達が出てくるトークショーなんですが、これが錚々たるメンバーでして。
山口勝平さんに始まり、千葉繁さん、中村大樹さん、柚木涼香さん…。
BW出てたのにアニメのお仕事が来ないと嘆く加藤賢崇さん。当時の音響監督である岩浪さん。
そしてサプライズで現れた高木渉さん!
ゆず姉登場のアナウンスで満面の笑みを浮かべながら颯爽と現れた高木さん!
そこで出る段取りじゃなかったのに!(笑)
「ここで出るなんて聞いてないよ!」「なんかもう出ちゃおうかと思って」っていう、この、最初から何一つ台本通りに行動しない感じがさすがでした。
これでこそBW、だからこそBW…!

その後も、アンケートで選ばれた名場面ランキングを見ながら、アドリブ部分が流れないと「つまらないね」って言ったりとか(千葉さん)
当時を振り返る中で、かっぺーさんが「息子の名前を番組の予告部分で出したことがある。当時幼稚園生で、すごく嫌がられた。そんな彼も今24歳で客席のあの辺にいます!」って言ってからの、「りゅうのすけくん!」「手を挙げなさい!」「立ちなさい!」という出演陣からの息子いじりとか。
生アフレココーナーという企画案をつぶしてモノマネ大会始めたり、しかもそのモノマネも似てる似てない関係なかったりとか。
最終的に優勝(?)した高木さんだけ残されて、司会のけんそーさんとゆず姉と一緒にグッズ説明係になったり。突然高木さんがアクリルキーホルダーを客席に投げ始めたり。「いくら請求くるんだろう」
トークショーのあとは、イベント特番のED歌ってたグリムスパンキーのライブ。
そして最後には、客席も立ち上がって当時のアニメOP曲をみんなで大合唱!(ガチラップ曲)
とにかく最初から最後まで破天荒なイベントでした。
すっごかったなぁ……破天荒としか言いようがないよ本当に。
ひたすら楽しくて面白くて最高でした。最っ高でした!!
2026年とかにまた、って言ってたの信じるぞ。信じるからね。よろしくお願いします!

そういえば客層は不思議な感じでした。
20周年なんて言うくらいなので若い層から良いお年の方までいるのは、まあ当然っちゃ当然だった。
意外と女性率が高かったです。半分…とまではいかないけど、3割以上はいたと思う。
そんな中に私もいたわけです!わーいみんな仲間だー!

ちなみにこのトークショー、始まりが19時終わりが21時30分(予定より30分オーバー)
その翌日、つまり今日の15時からがQTFイベントでした。
まさかこんな忙しい2日間になるなんて。


■QTFイベントに関しては、とにかく「あっ、これが声優イベントというやつなんだな」って感じで大変新鮮でした。
昨日見たのも声優さんだろって話なんですが、違う、違うから。いろんな意味で違ったから。

そもそもQTF自体が、5分アニメでありながら2割台本8割アドリブって作りになってるので、元から中の人推しの仕様になってるんですね。
今日出演してたのも、今をときめく人気男性声優さん達。
そんなわけで客層がとにかく女子、女子、女子!おしゃれ!まぶしい!こわい!
イベント始まってからも、出演者の方の声だけ聞こえた瞬間から黄色い悲鳴とペンライトって感じで、これは凄いところに来てしまったなと思いました。
私も声優さん好きだけど、こんなに中の人に力入れたことないなと。今までに体験したことのない場所にいるんだとやっと自覚しまして。
この時点で「これが声優さんというものか…」っていう不思議な納得をしていました。

しかし一番納得したのは、司会役の遊佐さんと鳥さんがちょっと進行に手間取った際「段取りがある」「台本がめくりづらい」って発言した時でした。
あっ……昨日のおじさんたちと違う……。
台本通りに動こうとしている……。
その後も段取りよくトークコーナーや生アフレココーナーや即興キャラソン作りコーナーなどの企画を進め、予定時間通りに解散となったのでした。
あっ……これが声優さんか……。
私が昨日見たおじさん達は……少なくともあの場においては、ただの最高に面白いおじさん達だったんだな……。

昨日も今日も、ずーっと笑ってました。
ひたすら面白くてひたすら楽しかったです!
TFハマってよかったなー。
今度はTFアドベンチャーのイベントやればいいのになー。
それにはまずアドベンチャーのDVDをなー。
出してよ(真顔)


■追記にBW復活祭の自分用メモ。
見る人いないと思いますが、内容は一部じゅうはちきんです。ご注意ください。
キャストがわるい。主にゆず姉とかっぺーさんがわるい。


続きを読む

イラリク4枚目


■イラリク企画の4枚目、最後となります。
あやこ様より、「三人で手を繋いだ亜衣ちゃん、真衣ちゃん、美衣ちゃん」でした。
リクいただいた1月から大変お待たせいたしました……!

繋いだ手はちょっと見えにくくなっちゃってますね……。
描くのはとても楽しかったです。
楽しかったというか、幸せでした。
幸せそうな顔の絵を描くのが好きですが、そういうのは描いてると自分も幸せな気になってきます。
三つ子が好き……亜衣ちゃんがとか、真衣ちゃんが美衣ちゃんがって単体ではなくて、もう岩崎三姉妹というこの三人セットが好き。
ひいては夢水シリーズが大好きです。
なんだか原点回帰ができたようで、サイト10周年って点でも三つ子描けて良かったなと思います。
リクエスト、ありがとうございました!

というわけで、イラリク企画に乗ってくださった皆様、本当にありがとうございました!
作品への愛とか自分の絵の描き方に対するいろいろを見つめ直すことができました。
これからもはやみね作品をメインに、いろんならくがきを生産していくと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

ところでせっかく「10th企画」タグ作ったのだからせめてもう一つくらい何か作りたいんだけど、何かって何……?
プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード