ナマステ代々木公園

■すっっかり買い忘れてた『駄菓子屋前』が載ってるアンソロジー本2冊をいい加減買おうと思い、とりあえずアマゾンを探したら、もう中古でしか出てなくて呆然とした本日の朝です。
い…いつでも新品買えると思ってた私が悪い……くやしい……。
でももっと驚いたのは、駄菓子屋前2話目が載ってるYAアンソロジー『エール』の中古本が異常に高値ついてたことです。
なんで!?
同じく中古しかない『友情リアル』はみんな普通の中古価格なので余計にハテナマークが浮かびます。
なんで…?
っていうか、か、買いづらい…。
とりあえず『友情リアル』だけ古本購入しました。新刊に未練はあるけど仕方ない。
問題なのはプレミア価格がついちゃってる『エール』の方ですが……。
いざとなったら電子書籍が買えるので、手に入らないということはなさそうです。
でも紙の本でほしいので、まずはちょっと古本屋を探します。
…見つからないかなー…電子書籍で持っといて後々古本屋で見つけたらそれも買うコースでもいいかな…。
ひとまず『友情リアル』のヌクと直樹くんとパルックが届く日を待機!



■9月24日にやってた、代々木公園のインドフェス、ナマステ・インディアに行ってきました。
意外と初参戦。


出店のメニュー。
イベント会場着く前からお腹がすいてたので、お店より舞台より先にご飯チェックをうろうろしました。
名前は聞いたことあるけど食べたことないものがいっぱいで非常にわくわく!
とりあえずこのお店で選んだのは……


マトンビリヤニ!
ビリヤニというのは、インドのチャーハンみたいなものです。
前からビリヤニ食べてみたかったんですが、インド料理屋さん行くと脳がナンを求めてしまうのでビリヤニを選ぶことができず……。
今回は野外ということで、液体のカレーよりお米の方が食べやすいだろうと思い、やっとビリヤニにスポットライトが当たりました。
美味しかった!すごく美味しかった!!
でもからい!!(笑)
つけあわせのヨーグルトサラダがとてもあう。


インドフェスに来たら絶対食べようと思ってたものがありました。
1つはサモサ(ジャガイモを包んだ揚げ餃子的なもの)。
そしてもうひとつが、ジャレビ(しぬほど甘いお菓子)です。
ちょうどどちらも見つけたので、サモサとジャレビ、それから暑かったのでクルフィー(アイスキャンディー)もお買い上げ。


クルフィー!
袋の中に入ってるので、くもっちゃって全然見えないですね。
普通のアイスキャンディーを想像しながら齧ったら予想外にねっとりクリーミーだったので、ちょっとびっくりしました。
よくよくお店の看板見たら「牛乳にサフランやカルダモンなど~」と書いてあって、なるほど…と真顔に。
味としては、説明文の通りいろんなスパイスが効いてて不思議な風味でした。
たぶんチャイ好きな人は美味しいと思います。と、チャイ苦手な人は思いました。


お待ちかねジャレビ!
相変わらず写真撮るのが猛烈に下手なので美味しそうな感じありませんが、実際「美味しい」という感じではありません。
かといって「不味い」でもありません。
すべての味覚が「甘い」という感覚で押しつぶされるのです。
なにしろこれは、小麦粉などを溶いた生地を油で揚げ、さらにシロップに漬け込んだという、驚くべき糖分と脂質の権化なので……。
揚げてあるので食感はいいです。カリッとサクッと。
しかし食べ進めるにつれて空洞の断面からあふれ出てくるシロップ&油。
今回買ったのは2個セットだったのですが、どう考えても1人1個が適量です。
同じ甘味の帝王であるグラブジャムン(シロップ漬けドーナツ)がヨーグルトと一緒に食べれることを考えたら、単体で食べるしかないジャレビの方が甘味レベルは高いと思われます。
でも食べてみたかったし食べてよかった!
インドはシロップに漬けるお菓子多すぎだと改めて思うけどね!!


ジャレビでお腹いっぱいになるのは予想してたので、サモサは最初からお土産のつもりでした。
帰宅してから食べましたが、むっっちゃくちゃ美味しくて感動しました。
時間が経ってもザクザク食感の皮。
スパイスが混ざってピリ辛&食欲をそそる香りのマッシュポテト。
ケチャップをつけて食べるとまた違う美味しさ!個人的にはケチャップつけた方が美味しい!

ステージではいろんなダンスグループやミュージシャンの人達がショーをしていました。
中でも一番楽しみにしていたのは、ボリウッドダンスです。
インド映画といえば、ハリウッドならぬボリウッド!
映画のダンスを踊りたい人はいっぱいいて、見たい人もいっぱいいるのです!
知ってる曲が流れるとテンションがあがる!
しかも今回、すごく好きな歌が流れたのでとても嬉しかったです!
映画では歌の最後に人が死ぬんですけどね!!
流れた瞬間、喜びと不安が同時に押し寄せる不思議体験をしました。
気になった方は「Aami je tomar」で動画検索してみてください。
実は以前紹介したことがあるやつだったりします(ブログ記事は消してしまったのでもうない)



あと、↑これも今回流れて嬉しかった!
★この記事の最後に紹介した映画の、序盤の曲っぽいです。
女優ディーピカーのすべてが美しい…本当に「美」という言葉を凝縮して固めたような人だと思う…。
ちなみに、このLovelyという曲では物凄いいかつい雰囲気の登場人物に見えますが、同じ映画の別の曲では優しい顔で笑ってるし、主人公の男性への恋心が物理的に燃えてしまい周りの人間が必死に消火活動をするという、おちゃめな面もあるようです。
ほんっとこの映画見たい。どう考えてもめちゃくちゃ面白い。

10月入ったらいよいよインド映画祭りだー!!

パイカルくんについて

■代々木公園でやってたインドフェス、ナマステ・インディア2017に行ってきました!
しかしまだレポ書けない!(時間がない)
また近いうちにレポ書きます。
楽しかった美味しかった!


■先生のサイン会レポを見ながら、「やはりあのキャラに共感した人はいるんだな…」としんみり&ちょっとホッとしました。
せちがらい。


■怪盗クイーンケニア編を読んだあとの感想で、パイカルくんとウァドエバーさんについて熱く語りましたが、「解釈違うんじゃない!?」と自分でツッコミ入れちゃったので再考しました。
ネタバレも含むので追記に隠します。
ツイッターの文章をこっちに持ってきたので、ちょっとぶつ切り感あります。

考察してたはずが、流れるように妄想へと移る。




続きを読む

ヌク

wandoro25.png
■ツイッターのわんどろ参加絵。
お題「落し物」
落し物といえば、よくボールを取りこぼす『駄菓子屋前』のヌク!という失礼すぎる連想でヌクです。
直樹君も描きたかったんですが、私の力量では1時間じゃまだまだこれが精いっぱいでした。
というか、ヌクはさらっと描けるけど直樹君は描けない……。

ちなみに、『駄菓子屋前』をわんどろで描いたのは、失礼な連想ゲームで思いついたからだけではありません。
次に出る本が駄菓子屋前らしいと、23日のサイン会に行った人がツイッターで言ってたからです。
やばい(やばい)
だ、だ、駄菓子屋前3話目…?
まさかまさかの?本当に!?
短編2話分ですでに楽しすぎたのに、まだヌクと直樹君の話が読めるなんて!!
っていうかアンソロに収められた短編がこんなに続くのありがたすぎでは?
しかも駄菓子屋前の後は大中小、マチトムと続くということですので……正座でお待ちしようと思います……。

その他サイン会では、
・仙ちゃんは良家の出身っぽい。
・パイカルくんの誕生日は3月14日(π=円周率)
・ジオット氏はすでにボケてるため探偵卿引退してる。
などなど、いろいろ情報飛びかってました。
仙ちゃん、いいとこのおぼっちゃんなのにコンビニ王目指してるところ素敵すぎるし、なにかしら実家との間に溝がありそうな気がしてどきどきする。
パイカルくんホワイトデー誕生日とか天使じゃないですかーーー!!!
ジオットさんはとにかく生きてて良かった。ほんとによかった。


■『コンビニ人間』読了。
友人からはあまり良い感想を聞けなかったので、どんな内容なのかと気になってたんですが…。
軽くさくっと読めるのに、とても精神的に疲れる本でした。
主人公の周りの人間が精神的にも生理的にもキツイ本でした…。
主人公はぜひ『怪盗クイーン』の仙ちゃんと出会ってほしい。確実に重宝される。幸せになれる。


■なお、関西でサイン会が行われている間、関東の私はひたすら家庭内害虫の駆除に燃えておりました。
存在を確認したのに取り逃がしてしまったときの絶望感と不安と恐怖と不眠……。
薬局でいろんなタイプの駆除剤を買い、手元に武器が揃ったことで得られた安心感。
とりあえず燻蒸したし、念のため毒餌もセットしたし、唯一の侵入経路と思われるエアコンの外ホースもふさいだし(ストッキング切ってはめた)、念のためエアコン内部もスプレーで掃除したし、いざという時のためにスプレー式殺虫剤も枕もとに置いたから、できることは全部やったはず。大丈夫。

こんなに神経質な性格だったかなと首を傾げたり、ひとりで敵と対峙する辛さを知ってナーバスになったり、掃除の大切さを思い知って反省したり、なんやらかんやらまだまだ知らないことや失敗することだらけで生きてます。
10月でとうとう引っ越し1周年。

クイーンケニア編感想絵

■仮面ライダービルドまだ3話までしか放送されてないのに面白すぎてふるえます。
テンションがおかしい。
周りもおかしいけど主人公のテンションがそもそもおかしい。
大好きです!!



■『マチトム』柳川さんとジュリエット。
クイーン新刊絵描いてるときに、ふと描きたくなったのでらくがき。
柳川さんに(個人的趣味によって)不敵な笑い方させがちだから、たまには自然な笑みを浮かべさせたい。
そしてエットの髪をセットしてもらいたい。


malaikasan.png
■怪盗クイーン新刊ケニア編の表紙にいる新キャラ、マライカさん。
ネタバレ成分は含まないのでこっちに置いときます。
ベルトの柄と色が違うかも。

本当にマライカさん大好きです。
人間としても好きだけど、絵を描くのがむちゃくちゃ楽しい。ビックリ。
おかげで感想絵がやばい。

ネタバレ感想絵はマライカさん単独で1枚、その他の探偵卿で1枚です。
他にも描きたいキャラいっぱいいるけど、っていうか全員1度は描きたいけど、さすがに手が回らない……。
トルバドール組や中国組、ドイツ組の皆さんは、それぞれのファンの方に託します。
私はマライカさんに愛を傾ける。
あとパイカルくんとウァドエバーさんへの愛も傾きすぎて歪んだ挙句爆発してるので追記読む方はご注意ください。

続きを読む

見たいインド映画リスト

■インド映画のお祭りIFFJの上映リスト見ながら、見たいものをピックアップしつつ、日にちと時間を確認する作業。

『スルターン』
伝説的レスラーの話と聞いて、なんだか使命感が出てしまいました。見たい。
インドの興行的にもかなり売れた作品らしいので期待度は高い!

『バドリナートの花嫁』
ラブコメ。今回1番期待してる作品。
『スチューデント・オブ・ザ・イヤー』という映画で主役カップルを演じていた男女が再び揃うと聞いて、楽しみでしかないです!
女優のアーリヤー・バットの可愛さよ。
アーリヤーは結構いろんな映画(のMV)で見かけてたんですが、俳優のヴァルン・ダワンは今回久しぶりに見るので本当に楽しみです。

『ディシューム』
アクションコメディー。
刑事でバディものでコメディとか絶対面白いやつ!
そしてまさかのヴァルン・ダワン出演作品2作目。
実はアーリヤー・バットも別作品に出てるんですが、そっちは麻薬を取り扱うシリアス映画なので今のところ見ない予定です…。

『ハッピーただいま逃走中』
結婚式場から逃げ出した花嫁のドタバタコメディ。
インド映画に限らず、映画は基本的に笑えて楽しくて幸せなものが見たい派…。

『幸せをつかむダイエット』
タイトル通りのダイエットコメディー。
今回の映画はほとんどヒンディー語作品ですが、これだけマラーティー語。
インドにはいろんな言葉があって、それぞれの言語でまたいろんな映画が作られてるんだと思うと、インド映画というジャンルの広さを感じる。

『僕の可愛いビンドゥ』
ホラー作家と幼馴染のラブコメ。
昔のインド映画曲がたくさんかかるとのことで、あの民謡チックな「これぞインド映画!!」みたいな曲を聴きたいです。
女性の高い声がうねってて、なぜかエコーかかってる不思議な録音の曲達が聴きたい。もちろん話も面白そう!

基本的には休日狙いで行くけど、あわよくば仕事帰りも狙っていきたい。
10月は他にもたくさんの遊ぶ予定が入っているぞー!体力が持ちますようにお願いします!!

原作通りじゃなくても


■漫画『将棋めし』を手に入れたときの落書き。
ドラマも面白いけど原作もまた面白い!
というか、原作とドラマで話が違う。
あくまでも原作漫画を基にしたオリジナルドラマ、というスタンスだそうで、オリキャラが出てきたり展開が違ったり…。
でもそれがまた面白い。
原作は原作!ドラマはドラマ!2倍楽しめる!!
普段は「原作大好き!頼むから原作通りに話進めて!」というスタンスで生きてますが、こういうのも面白いんだなと気づきました。

……よく考えたら『双子探偵』がまさしく当てはまる作品でしたね。
原作を基に、いろんなものを変えて作られたドラマでしたが、あれはあれで好きだったし楽しかった。そもそも三つ子揃えろってところから実写化難しいんだ。
物語の舞台である銀座に行ってみたいなと最近ぐだぐだ考えてます。
距離的には行けるんだけど、銀座というだけで敷居が高いイメージあって行きづらい…。
でも銀座明神はやっぱり見たい。



■美衣先輩専属ボディーガード。


■10月にインド映画のイベントIFFJか開催されるということで、非常に楽しみです。
東京の渋谷と大阪の梅田で、1ヶ月間毎日いろんなインド映画が上映されるという、まさにインド映画のお祭りです。
王道のコメディやラブストーリーだけでなく、シリアスな作品も多く上映されるそうで気になります。
しかし私はすでに、コメディ作品だけで6本くらい見たいものがあってですね…。
どういう日程で見れば効率良いのか映画スケジュール表とにらめっこの日々。
映画も見たいけど、代々木公園のインドフェスにも行かなきゃ!

クイーンケニア編実況感想

■『怪盗クイーンケニアの大地に立つ』読み終わりました。
というわけで、いつもの実況感想です。いつもながら長い。

今回初登場のマライカさん。
エスニック要素としても最初から好きでしたが、本文読んで大好きになりました。
今回の『怪盗クイーン』は、いつも通り楽しい中に、重くて大切なものを混ぜ込んで教えてくれた印象でした。

本を読んで、言葉が響くことがある。
この本をもっと早く読めていたら良かったと思うこともある。
でも、今読んだからこそ良かったんだとも思う。
私は、いまこの本を読めて良かったです。

重いこと言ってるけど実況感想は基本的に「好き!!」しか言ってないし、主役を差し置いてウァドエバーさんとパイカルくんばっかり見てるのでご注意ください。
私はあの2人がだいすきだ!!!

続きを読む

ドリームキャッチャー


■髪長め柳川さんらくがき。
最近この髪の長さ描いてないなと、ざかざか。
久しぶりに描いて思ったことは、「やっぱり柳川さんが柳川さんなら何でもいいな…」ということでした。
投げやりなのではないのです。しみじみ思うのです…。



■今まで飾ってたドリームキャッチャー(左)と、新しく買ってきたドリームキャッチャー(右)。
ドリームキャッチャーというのは、枕元に吊るしておくと悪夢を防ぎ良い夢を見せてくれるというエスニックアイテムです。ネイティヴアメリカンに伝わるもの。
古い方がボロボロになってきたので、新しいの欲しいなと思って買ってきました、が、小さすぎました…500円だから仕方ない…。
しかも新しいの買ったからといって、古い方を捨てる気にはまだなれない。
思い入れが強いのです。


とりあえず、ポスター代わりに飾ってあるカレンダー表紙と合体させる。

数年前、エスニック店の福袋に入ってたのが左側の蝶々型でした。
ちょうど赤い夢アンソロが出た年でした。
それから1年以上、今までは考えられないくらい楽しいことや幸運なことが続いて、「ドリームキャッチャーつよい!!!」と勝手に思ってました。
あくまでもこれは悪夢を防ぐアイテムであって、幸運を呼ぶアイテムではないのですが…。

それにしても、人生には本当に奇跡みたいな期間があるんだなと思います。
でもよくよく考えてみると、突然奇跡が降ってきたわけではないんですよね。
私の場合は全て、はやみね作品が好きで絵を描き続けてたのが運よく形になり、それが引き金で創作意欲が続いて、いろんな人とお会いする機会もできて…。
楽しかった、幸せだったと思う期間は、ずっと何か作っていた気がします。
最近の自分は果たしてどうか。

先日、大変ありがたいことに、今まで出した2冊のドウジンシィのご感想をいただきました。
むっっっちゃくちゃ嬉しかったです……語彙力がないから言い表せないんですけど……。
自分が好きだから好き勝手に描いた漫画だけど、それを読んでくれる人がいて、しかも楽しんでくれたとわかったら、こんなに幸せなことはないです。
そして創作意欲が湧く!!

幸せになる手段の1つは、何かを作ることなんだなと自覚した今日この頃。
プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
読んだ本
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード