ファンブ感想

■ファンブック感想メモです。
時間がとれたら絵とかも描きたい!
その前に内人くんの誕生日がくる!
……当日になにも描けなさそうで内人くんごめんね……。

追記に感想隠します。
とにかくはやみね先生25周年おめでとうございます!



■全体的な感想箇条書き。
思いついた順です。

⚫︎書き下ろしイラストの数々が凄すぎて。
同じ挿絵担当さんなら作品の越境もできるって素晴らしいー!
お局さまの髪の色がわかったのが小さな収穫。
クイーンの格ゲーやりたい。クイーンページいろいろと嬉しい要素が多くて挙げきれない。イルム鼻血出る気持ちはわかる。
カラーで真衛門さんー!
夏休み組のわちゃわちゃっぷり可愛すぎる。ロロー!WHO先生と風太くん並んでるの貴重なのでは。
村田先生版の教授たちがやっぱり好き。……左上のはタイムスリップ組では……?

⚫︎まさかの店長さん登場に驚いたし、その後一緒に館に行けると聞いてさらに驚いた。
ほかの企画も含めて、なんか、この本は、ファンのための本というよりは、先生のための本。そういう意味でのファンブック。
ファン的にはそうだと嬉しい。

⚫︎ポチアマゾン乗ってみたかったけど実際に乗ったら心臓もたなそうだー!

⚫︎「先生に100の質問」の形式が、昔ブログ各地で流行ったやつに似ててちょっと楽しい。
いま50問目ですって質問が挟まれるのとか…。

⚫︎映像化するなら駄菓子屋前という回答に対する私の感想
「先生の口から駄菓子屋前の話が出てくれただけでも嬉しいのだけど、もし本当に映像化されたら私が血を吐いて死ぬ」
べつに映像化しないから死ななくて済む。

⚫︎各作品の一言感想を、作品の垣根を越えたいろんなキャラがやってる図は、とにかく豪華で嬉しくて楽しい。

⚫︎羽衣母さんのカレーを原作で初めて読んだ時、私はまだ小学生で、当然普通のとろみのあるカレーしか食べたことがありませんでした。
羽衣母さんのさらっとしたカレーを食べてみたくて、自分で作ってみようともしたんですが、「とりあえず水多めにすればなんとかなる」と思ってた私はただただ薄いカレーしか作れず、結局母にカレールーを追加されて味の調節をされていました。
そんな過去を持つ私の前に、
十数年の時を経て、
とうとうレシピ公開。
あっっっりがとうございます!!
これで作れるかって言ったら自分の力量の問題があるので難しいかもしれないけど、それでもこれで!あの頃夢見た羽衣母さんのカレーが!再現できる!
他メニューとして、番外編の中に生卵が入ってるの、さすがマチトムって感じ。
最初に言いだしたの神宮寺さんだったっけ…美晴ちゃんもそれ得意料理だったよね……。
生卵をマチトムのソウルフードにしよう。

⚫︎教授が創人くんのこと覚えててくれて嬉しい。
びわちゃんと創人くんのその後も気になる。
っていうか神田川家が気になる…。

⚫︎HKC総選挙の結果が、さすがというかまさかというか!
内人くん友達部門1位おめでとうー!
そして上越警部ー!脇役部門おめでとうー!!

⚫︎若旦那、先生に結構愛されてる。

⚫︎友達部門に春日温って入れたはずだったけど、さすがに一票じゃその他の票にも反映されなかったか。
どうしても駄菓子屋前のキャラを自分の投票にねじ込みたくて、友達部門ならヌク入れて平気そうだと思って入れた、ような、気がしたのだけど。
結局どこにもヌクの名前入れなかったっけかな…覚えてない…。


⚫︎特別短編における内人くんの肩身の狭さ!!(笑)
他の部門で選ばれたキャラが濃すぎるから…。
さすがとしか言いようがないメンツだけど、このキャラと一緒の部屋に入れられた内人くんには同情しか……。

「センターを決めるため」って言い方に笑っちゃった私を許してほしい。アイドルの発想だよ教授!
おもしろさ部門ツートップやばい(やばい)
教授!ジョウエツケイブのことそろそろ記憶してあげて!!
警部いろんな意味で無念ー!!
教授に対して恐怖を感じる内人くんにグッとくる。勘がいい子だなぁ本当に。

今さら気づいたけど、内人くんはRD=AKB24のお兄さんと会っているわけね。
AKB24のことは嫌ってるけど、RDとは仲良くできるんだね。RD普通にいい人だものね…。
教授が実は警部のこと覚えてるのとても…とても寂しくて切ない…。

内人くん、創也のこと信用して……
なかった。
南北磁石すっごい、なんか、すっごい。このてんこ盛り短編の中でもちゃんとマチトムしてるのすごい…存在薄くなってない…。
っていうか、内人くんの「絶対に生きて帰る能力」って実は物凄い能力なのでは?
ミステリー小説キラーの異名を持とう、内人くん。

同人誌という単語にはもう慣れたのでびっくりしない…し、しない…嘘まだびっくりする。
一位のキャラだけじゃなく、いっぱい他のキャラが出てくれて本っ当に豪華!

パラグラフ14が出た瞬間の衝撃と黒幕の衝撃と教授の推理の衝撃と。
赤い夢は現実と地続き。
いつだったか、先生の作品は「境界線が消える話」って感想を言ったけど、そもそも最初から境界線はないのかもしれない。

⚫︎卓也さんの車で帰れるのうれしいー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった(デズニ用)↓
@dsouppp

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード