京巡りその3

■京都レポその3。
観光先の写真たちです。
主に有頂天家族に関連する場所だけど、関係ない場所もちょっとある。


【叡山電車コラボ企画】
DSC02976 (800x600)
私が行った5月4日は、叡山電車の八瀬比叡山口駅で有頂天家族×叡山電車コラボ企画がやってる日でした。
せっかくなので鞍馬駅へ行く前に向かってみようと、出町柳駅から叡電に乗ってガタンゴトン。
っていうかちょっとまって?なんか電車の側面に描いてない??
降りるときによく見たら、まさかのラッピング車両でした。
下鴨家ー!!かわいいー!!
外側には狸!中には人間姿!玉欄までいる!!
これが初お披露目のラッピング車両だったのかな。

八瀬比叡山口駅に着くと、外では大々的なお祭りが!!
……やってないな。
どこで何をやってるんだかわからない。コラボ企画ってそもそも何をやってるの?
と思いながら駅周辺をうろうろしてたら、ホームの反対側に電車が止まってるのを見つけてハッとしました。
先頭車両に回り込んでみると、狸のぬいぐるみ!
これが噂の有頂天家族号かー!
DSC02980 (800x600)

DSC02985 (800x600)
中吊り広告がすべて有頂天家族の紹介になっているという、有頂天家族号。
いつもは普通に走ってる車両ですが、この日だけは八瀬比叡山口駅にずっと止められており、自由に中の写真が撮れるという状態でした。

DSC02989 (600x800)
あああ原作やアニメにも出てきたくすだま…!
こういったグッズは、この日のために関係者様が作られたそうです。

DSC02982 (800x600)
あみぐるみも作られたそうで、いっぱいつるされてました。
この偽叡電のかわいさ凄い……ほんとうにすごい。ほしい。
次兄かわいすぎか……。

DSC02994 (800x600)
だいたい見終わったし、帰るか。
と思って帰りの電車の列に並んでるとき、有頂天家族号のさらに向こう側に見えたパネル。
き、気づかなかったー!もう遅いー!矢一郎兄さんと玉瀾ー!!
ピントがあってない!!!(悔)


【鞍馬寺】

鞍馬駅でスタンプを押した後、せっかくなので散策。
駅前には天狗のモニュメントがありました。
鞍馬と言えば鞍馬天狗!
鞍馬天狗様たちを探しに鞍馬寺へ。
ちなみにこの時、鞍馬寺のことはまったく無勉強で行きました。
すさまじい急勾配を見て後悔したのは拝観料払った後でした。
これ伏見稲荷大社ぐらいの距離歩くんだったらやばいぞ…と思ったらすぐに終わったので急いでお参りしてまた急な坂道を引き返しました。
実はまだ道は続いてたっぽいけど、山登りがメインイベントではないので潔くもどる。

DSC03002 (600x800)
鞍馬寺にあった大きな大きな杉の木。
魔王杉のモデルなのかな。

DSC03004 (800x671)
鞍馬寺の門前には狛犬ならぬ狛虎がいました。
狛犬って神社だけだと思ったらお寺にもいるんですね。
有頂天家族巡りをしている身としては、矢一郎兄さんが化けた姿を思い浮かべるしかありませんでした。

DSC03008 (800x600)
鞍馬駅の横に隠れてた偽叡山電車!!
矢二郎兄さん~!!
矢四郎がちょこんと乗ってるのもかわいい!捲土重来!!
この偽叡電を一眼レフでずーっと撮ってるお兄さんがいて、お仲間ですね…って思いつつ、私は駅前のワゴンカーで買ったフレンチトースト食べてました。
もはや撮影はあきらめた。これより花見ならぬ偽叡電見を行う。


【下鴨神社】
実は有頂天家族のアニメ1期が始まる前に、下鴨神社には聖地巡礼に来てました。
その時は夏で、納涼古本市もやってたため、『夜は短し』の黒髪の乙女気分も一緒に味わえてしまいました。
今回は春なので、また別の楽しみ方ができました。
蚊がいないっていいね!!!(前回ひどかった)
DSC03021 (800x600)
正面からの写真は撮ったことがあるし、人がいっぱいいて今回は撮りづらかったので、脇から入り口を撮ってみました。
アニメ2期の1話目で、この角度を写したシーンがあったのです。
ツチノコを母上に説明してるあたりかな。
「これはおいしくないわね。おいしくない!」

DSC03022 (600x800)
まさかのコナンとスタンプラリーポイント被ってて笑いました。
ちなみにこのあと平次とも会う。


【南座】
下鴨神社行ってから出町柳駅に戻り、バスに乗って南座を見に行こう。
と、思っていました。
私は忘れていたのです。自分がバス嫌いなことを。
バス停マップを見て、京都市内の地図を見て、現在地である出町柳駅と南座の位置を確認して、結論を出しました。
「歩いていけるんじゃない?」
いけないよ!!!
いったけど!!!
鴨川沿いに、ひたすらキャリーをひきながらぽてぽて歩きました。
いや、歩くのは好きなんです。歩いてる間は苦じゃないんです。元気なら。
問題は、調子に乗って歩いた翌日です。
2日目からひざの裏が痛くて痛くてこれはやばいと思ったので、さすがに電車を使うことを覚えました。
それでも夷川発電所から京都御所まで歩いたりしたけど……。

不測の事態が起こりやすい気がするので、バスは近寄りがたい存在です。
乗車1つとっても、前から乗るのか後ろから乗るのかという問題もあるし(パッと見わからない)、本当にこのバスに乗ってて目的地にたどり着くのか不安になってくるし(停留所の検索がしにくい)、ICカードが使えるのかという問題もあるし(財布に小銭がない)、整理券を取ってもバス代の見方がよくわからないし(バス代表示画面の数字が変わっていくことに不安を感じ、なんかもう始発から終点までの代金まるごと払うから降ろしてくれってなる)
なお、バス代くらい運転手に聞けばいいじゃんって話ですが、私が聞いてまごまごしてる間バスが出発できない、という状況に耐えられないのでこの手は使えません。
こんにちは、他人の流れを止めることに恐怖を感じる人間です。
ままならない!!

DSC03032 (800x600)
というわけで出町柳から歩いてきたよ南座。
原作1巻目の時も出てきましたが、2巻目でも大事な場所ですね。


【南禅寺】
DSC03044 (800x600)
南禅寺の三門。
原作の聖地巡礼をしようと思うならここの2階に上がるべきだったんですが、すっかり忘れて上がらずに帰ってきてしまいました。非常に悔しいです。

DSC03046 (800x600)
煉瓦造りの水道橋。
これは有頂天家族的には関係ないところですが、かっこよかったので。

DSC03048 (800x600)
水道橋のアーチを脇から見る。技術がなくてもフォトジェニックな写真が撮れる!

DSC03050 (800x600)
方丈庭園の枯山水。
屋敷内の展示物を撮りたいけど写真ダメとかOKとか書いてないなぁと迷って、お掃除をしている方にお話を聞いたところ、「庭は撮影OK。屋敷内はNG」と答えをもらったので、お庭だけ撮らせてもらいました。
枯山水とかは、誰もいないタイミングで一人で行ってしばらくぼーっとしてるというのが好き。
ちなみに撮りたかった展示物とは寒山拾得像です。撮ったその日から良くないことが起こりそうな像だったから助かったかもしれない。


【六角堂】
DSC03039 (800x600)
へそ石さまー!

DSC03042 (600x800)
コナンとスタンプラリーポイントが被ってた二か所目。
平次すきなので、ちょっとうれしい。

DSC03041 (600x800)
そしてまさかの萬斎さん。
映画の宣伝のようですが、まさかこんなパネルがあるとは。
金閣銀閣のパネルや平次のパネルも合わせ、六角堂=京都で今一番何かとコラボしてる場所という認識になりました。


【夷川発電所】
DSC03060 (800x600)
金閣銀閣たち夷川家が経営する偽電気ブランの工場!の、モデル!
べつに何があるわけでもないんだけど、聖地巡礼ポイントとしてはやっぱり心躍るよね……!
というか普通にレンガ造りのこの建物がかっこいい。

DSC03057 (800x600)
発電所へ行く前に見つけてしまったこの看板。
カフェ?と思って近づくと、な、な、なんと出版社ミシマ社がやってる本屋さん!?
後々調べてわかることですが、週一くらいで本屋さんを開いてるそうですね。偶然開いてるところに出くわしたようです。ラッキーだった。
しかし肝心の本屋さんはどこに?
奥へ進んでみると、畳敷きの民家の1階が本屋さんになっているという隠れ家チックな場所が。
畳敷きなので靴を脱いで上がり、本棚のいろんな本を見せてもらいました。
ミシマ社だけじゃなく、他の出版社の本も置いてありました。いい空間だったなぁ。
最終的に、「コーヒーと一冊シリーズ」の『たもんのインドだもん』という本を購入。
ミシマ社って面白い会社だとは聞いてたけど、本当に面白いことしてる会社だったんだなぁ……。
ちなみに本を買うとき、店員さんと「観光にいらしたんですか?」「はい。すぐそこの発電所を見に来ました」「発電所を見に…???」という会話しました。
いや、発電所ヲタではないんですけどね……!


【八兵衛神社】
DSC03080 (600x800)
ここは有頂天家族とはまったく関係ない場所です。
森見作品『聖なる怠け者の冒険』に出てくる場所です。
最終日に暇だったので、ちょっと探してみようと思った……のですが、意外と見つからなくて彷徨いました。
調べてみると、京都の中心で寺町通り付近にあるらしいのですが……細い道にひっそりあるらしいんですが……マップ見てもこの付近にあるはずなのになぜか見つからない……。
と、一定の場所をうろちょろしたあと、何度か素通りしてた「まさかこの道?」という激せま裏路地へ入ってみた結果見つけました。
み、見つからないわけだー!(笑)
狭い路地ですが飲食店もあり、八兵衛神社の横のお店には行列ができてました。
その行列の目の前で、怪しげなスポットの写真をパシャパシャ撮る怪しい人間になる。
だってどう考えても怖いよね、ここ!!正直初めて見た時は引いたよね!!薄暗いしね!!狸の置物多すぎだしね!!
でもおかげで、『聖なる~』の後半で感じた神様への畏怖が強調されたというか、納得できた。
作品読んでるときはもうちょっと大きいのを想像してたけど、全然違ったし……やっぱり生で見るのは大事だなぁ。

【護王神社】
DSC03068 (800x600)
有頂天にも森見作品にもまったく関係ないんですが、ひざ裏の痛みがつらくなってきたところに見つけて迷わず入った場所です。
今の私が一番必要としている神様だ。

DSC03071 (800x600)
ここはイノシシに関連が深いようで、狛犬ではなく狛イノシシでした。
面白い。謂れが知りたい。
しかしそのときはただひたすら「足腰健康で無事におうちに帰れますように」としか祈ることができなかった。
すぐ隣は京都御苑なので、お参りした後しばらく京都御苑で休んでいきました。
お参りしたおかげで劇的に回復!は、しなかったけど、無事に帰ってこれたし膝の痛みも数日で取れました。ありがとう神様…!


【チャイハネとマライカ】
写真撮ってないしぜんぜん関係ないんだけど、寺町通りにチャイハネとマライカという二大エスニック雑貨屋があるの凄くうれしい。
なんかこう、実家感がある……。
どこのチャイハネでもそうだけど、しぬほどゴチャゴチャしててお店に入ると品物に埋もれる感がある!それが落ち着く!
マライカはエスニック音楽をガンガンかけてくれてたので、吸い込まれるようにお店へ入ってしまった。落ち着く。
旅行先で見知った物に出会えるとうれしい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった(デズニ用)↓
@dsouppp

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード