封神と80年代洋楽

■まさかの『封神演義』再アニメ化決定の情報を聞き、震えた今日この頃。
か、神様ありがとうございます。本当にありがとうございます。この日を待っていました。
うれしいいい!!

『封神演義』とは、少年ジャンプで連載してた漫画です。
原作は三国志演義などと並ぶ中国の書物。
人間界で悪さをする妖怪仙人たちを倒し、魂を神様として封じ込める(封神)という使命をおびた仙人界の男・太公望(たいこうぼう)が主人公です。
大昔の中国が舞台なので堅苦しいと思いきや、完全にSFです。
仙人たちはみんなだいたい外見若いし、革ジャン着てたりピエロだったり……。
主人公も72歳。

この漫画、再アニメ化というからには前にもアニメ化したことがありました。
というより、私はアニメを見て面白いと思って漫画買い集めました。
その結果、「ぜんぜんアニメと違うんだけど!?」という混乱が生まれました。
そう。ぜんぜん違った。とにかくぜんぜん違った。
いや…アニメから興味持った人間だしアニメ版嫌いじゃないよ…推しが突然歌い出すとかいう謎演出も今となってはネタになるから嫌いじゃないよ…声優陣も豪華だったし…。
でもコレジャナイ。
コレジャナイんだよ!!
めちゃくちゃ面白い原作のストーリーを!そのまま!動かしてほしいの!!

という封神ファン大多数の願いが今回叶いました…いやもう本当にもうね、みんな待ってたからね!!!
ってわけで浮かれた結果、資料なしで記憶だけを頼りに落書きした天化(てんか)と哪吒(なたく)。





さすがに細部までは覚えてなかったけど、思ってた以上に描けてて、自分のことながら感動しました…。
す、好きだったなぁ…よく描いてたから覚えてるんだもんなぁ…封神演義を参考にして絵を描いてた時期も確かにあった…。
再アニメ化、心の底から楽しみにしてます。
新しいグッズも出るってことでしょ…この時代に…新しい封神グッズが…生まれる…ひええ…。


■最近好きになった歌手は、リック・アストリーです(80年代歌手)

スパンダー・バレエにハマって以来、BSの洋楽特集番組見ては「この曲懐かしい。この曲は知らないから今度詳しいこと調べよう」といろいろチェックしてます。
そこでリック・アストリーのNever gonna give you upを聴いてハッと食いついたのでした。
メロディーがすごく好き!声が好き!どう考えてもこの外見からこの声出てないでしょっていうギャップが好き!
っていうか、確実にどっかでこの歌聴いたことがある!!

中学時代にも80年代洋楽をよく聴いてた時期があり、その頃にリックの曲も聴いてたのでは…と思います。
おかげで一気に懐かしい気持ちになりました。
ある意味80年代は私の青春時代でもある。

好きな音楽のジャンルが、ミュージカルソング、インド映画の曲、カントリーミュージック、ディスコソング、ビッグバンドジャズ、ハワイアン、エモ系ロック、クラブミュージック、80年代洋楽と、全く統一の取れてない様相を呈しています。
ちなみにクラブミュージックで最近好きなのは、前にもちょろっと言ったことがあるアレクサンドラ・スタン、インナの他に、ピットブル、モホンビなど。
曲の好みがパリピのようになってきた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード