恭助フランス編感想

★11月30日に拍手くださった方ありがとうございます!
拍手コメ返信↓(要反転)
チェミちゃん>私の言動が掌握されている(笑)おめでとうなんて言ってやらないよ!


■『虹北恭助の冒険 フランス陽炎村事件』感想やります。
面白かった!
この話を経て『ハイスクールアドベンチャー』に続くのですね。
ハイスクールアドベンチャーの時に既にミリリットル兄妹が濃いのは感じてましたが、フランス編を読んでミリリットル家は全員濃いのだと理解しました。

っていうか、一番濃いのは若旦那グループだった。


追記に感想絵とかとか。
ひっどいらくがきです;
主に弟の話しかしてない。
kagerou.jpg
■とりあえず先に感想絵解説。

左:巧之介さんのイラストを初めて見たとき、「特にツボにくる子じゃなさそうだな」と思ってました。
というのも、私が基本的に長髪男子好きではないからです。あと、メガネも特にあってもなくても。
が、ものっすごく暗く描かれてる子が、学生服のポケットからバラを出して挨拶がわりとした時の衝撃。
響子ちゃんが「いつもポケットにバラを入れてるの?」と頭の中でツッコミ入れた瞬間、巧之介さん自体が私のツボにガチッとはまりました。
私の脳内のキャラカテゴリが、「暗くてミステリアス」から「ミステリアスかつアホの子(仮)」に変わった瞬間でした。
その後、数々のツンデレ言動で完全に巧之介さんに絡め取られ、今に至ります。
p268の、開口一番「感謝したまえ」という高飛車発言も楽しかった。
・・・ただ、今やっと思い出したんですが、ミリリットル家の兄弟順って兄→妹→弟ですよね。
美絵留が13歳ってことは、巧之介さんは少なくとも12歳以下ですよね。
小学生ですよね。
……ま、待って待って、今回は私は無実だ。だって巧之介さん学生服着てるし、高校生の響子ちゃんが「さん」付けで呼んでるからもう少し年齢高い気がしてたっていうか、小学生レベルの年齢だなんて思ってなかったし、違う今回は無実だ!今回は!

中央上:巧之介さんが「その名において、君たちを守ろう」と言った時も十分ツンデレめ!と楽しかったのですが、真衛門さんが同じことを言った時には、やっぱり兄弟は兄弟なのだと響子ちゃんと同じく思いました。
ミリリットル家かっこよすぎる。
あと、フランスにいるあいだは真衛門さん金髪だったんですね。
真衛門さんに関してはp315の「しりとりでもしますか?」も好きでした。
緊張感をさらに緩和する真衛門さんの発言のかわいさたるや。

中央下:響子ちゃんは結構大胆なことをしますよね(笑)
全然関係ないけど、はやみねキャラに腹黒系っていないなと思いました。
いや、笑顔で悪口のあたりで、なんとなくハッとして。結構みんな正直に生きてますよね……。
あと、フランス編での響子ちゃんのベストシーンは恭助と再開したときの右フックだと思ってます。
あの場面で盛り上がった周囲の人間の中には、確実に私がいたはず。
右フック決まった瞬間「きたああああ!」って思いました。ガッツポーズまでしました。
素晴らしい猟奇的な彼女!!(笑)
ごめんね恭助。

右:サラっと言うから、正直に、おお・・・って思っちゃったシーン。
この子も響子ちゃんとは違う方面に大胆ですよね。
というか、自分からはストレートに言うくせに、響子ちゃんからストレートに言われるとものすごく恥ずかしがるんだろうな……。


■とてもじゃないけど絵には書けなかった若旦那たちの暴走について。
もう……若旦那組に関しては本当にもう……本気でイラッとくることもあるのにどうして惹かれてしまうのか……。
私のフランス編の感想は、最終的には「冒頭文おまえかあああああ!」という心の叫びに凝縮されます。
こ、この、若旦那め!
喫茶店で話してた映画の設定がちょっと面白いなんて思ったのは幻想に違いない。
飼われてる大怪獣とかものすごく可愛い!なんて思っちゃったりとか、
『宇宙刑事エクスレバン』見ったい!っていうかそれギャバ(略)とか思っちゃったりとか、
商店街のくじで特賞を出す方法のあたりで、一瞬若旦那のことをかわいく思っちゃったりしたのも、
そんなのは幻想だったに違いない。
いや、「簡単に出せるよ」って言い方がなんとなく・・・。
あと、p74の「福引きのガラガラ回すやつ」って言い方とかが・・・。
余談ですが、あのあたりで私は真剣に、由美子さんをマスターに渡してはならないと思いました。


■巧之介さんと巧之介さんのこと。
今までなぜか私は、ミリリットル家=クイーンの家系なのだと思っていました。
たぶん『ハイスクールアドベンチャー』の真衛門さんが銀髪銀目だからです。
それと同時に、江戸時代の巧之介さんと同じ剣技を使えるんだよな、とも訝っていました。
それが今回、風と武の話を聞いてやっと先祖関係が見えました。
というか、私の頭の中でパーツがつながったというか……。
とりあえずミリリットル家はクイーンとの直接な関係はないんだね!

まさか風=ゐつさんが武と結ばれるとは……全然予想してなかった……。
おかげで弟の名前が巧之介だとわかったときも、えっ?て思いましたし、
武と知の話を最初に聞いたとき、江戸組だ!とびっくりもしました。
夢水の江戸編を当時読んだとき、私はまだ小学生でした。
あの頃は江戸編っていうのはただのスピンオフ作品なんだと思ってましたし、こんなに長く清志郎左右衛門たちが活躍するとか、作品を超えて直接名前が出てくるなんてのは夢にも思いませんでした。
江戸編すごいなぁ・・・。

巧之介さんの名前を継いだミリリットル巧之介さんも、これから活躍の場がありそうですね。
楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
いま読んでる
読み終わった本
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード