相変わらずラップ

■ディリュージョン社買えましたが、読むのはかなり先になりそうです。
げ、原稿が真剣にやばい…。
いつもそんなこと言ってる気がしますね。
はーー…だいじょうぶだいじょうぶ…。

ちなみに、この度ついに、漫画制作ソフトのクリップスタジオを導入いたしました。
まあ、ちょっと触っただけでも高機能すぎて慄いてしまったので、慣れ親しんでるピクシアを使いつつ探りを入れていこうと思います。
ぴくしあ先生だって凄いんだよ!漫画は描けるんだよ!!(突然の擁護)
ただの落書きは今まで通りぴくしあで、漫画落書きはクリスタ…って使い分けしていけたらいいなと思います…。


■ヒプマイすっかり大好きになってしまって恐ろしいです。
とりあえずデータ買ったり借りたりして、歌もドラマパートもあらかた聴きました。
ドラマパートが面白かったおかげでキャラに愛着がわき、歌をキャラソンとして聴けるようになった感じです。
声優さんたちのラップにも慣れ…ましたが、一郎のラップ聴くとハッと正気に戻ってしまいます。
池袋VS横浜のバトル曲とか聴くと、一郎兄ちゃん出てきた瞬間ヨコハマ全滅したでしょ、くらいのレベルの違いがある。木村昴ラスボス…。

横浜という土地が好きな人間としてはヨコハマを推したいけど、ラップとしてはイケブクロの三兄弟が1番安定してて好き。
チーム曲で1番好きなのはシブヤ。
キャラの関係が泥沼過ぎてどうしても目を離せないのはシンジュク。
1番頭の中で再生されるのはサマトキサマのドスの効いた罵倒の数々(「命盗るぜオイ!」など)



友人の推し。ギャンブラー。
私も好きです。
ガチャーンドゥルルルチリンチリンチリン!が頭から離れません。
歌声が素朴でちょっと微笑ましい。歌よりラップの方がうまい人だな…?



妹2の推し。池袋の山田三兄弟。
兄貴をめちゃくちゃ尊敬している舎弟キャラが好きな人間としては、一郎兄ちゃんを神と崇めている二郎が非常に気になります。三郎ももちろん可愛い。

まだしばらくハマってると思います。
とりあえず原稿BGMは決まってしまった。

ヒプマイ

■サイン会と小説勉強会の情報が出てましたね。
な、夏のはやみねかおる祭り……!
サイン会は関西!
勉強会は平日昼間!
ということで、私はおとなしく留守番組です。
でも知ってる方が結構サイン会に行かれるようなので、現地情報は聞けそう。
勉強会に行けなかったのは残念ですが、平日の昼間というのが夏休み感あって、微笑ましくなりました。
……ああでも……サイン会……行きたかったなぁ。
駄菓子屋前にサイン入れてもらえるんでしょ……ふっつーに羨ましい……。
行ける方、いってらっしゃいませ!


■一部の界隈で結構にぎわっている「ヒプノシスマイク」というものを、とうとう聴きました。
簡単に説明すると、精神攻撃できるマイクでラップバトルをする男性キャラ達、っていうジャンルなんですかね…?
声優さん達がラップをするという。
初期から存在は知ってたんですが、「ラップだとどうしても完成度を求めてしまうから、声優さんだとなぁ…」と手を出さずに見守ってました。
それが最近、オタク仲間である妹2が落ち、つい先日友人まで落ちたと聞きまして。
ここまで囲まれたら、いよいよ私の番かと覚悟決めて歌の動画を見に行きまして。
全員で歌ってるやつ思ったよりいいぞ…!となりまして。
気がついたら、全員で歌ってる曲(2曲あるうちの勢いがいい方)と、ホストのソロ曲だけデータで手に入れて無限ループしてました。
なに、この……なに……?
それぞれのソロ曲とか聞くと、本当に申し訳ないんですが正直、ラップとしては決してうまいメンツではない(木村昴だけ別格)、と思ってしまう、んですが……。
ソロ曲に関しては、なんていうか、キャラソンだなぁと思ってしまう。
いや、キャラソンなんですが。
そんなソロ曲の中でなんでホストの曲だけ手に入れたのかというと、メロディ部分が好きだったのと、作詞担当が藤森慎吾(オリラジ)だったからです。
びっくりしました。まさかこんなところで名前を見るとは。そして気づいた瞬間、曲全体に漂うパーフェクトヒューマンっぽさ。
あと、めちゃくちゃどうでもいいんですが、個人的に合いの手系が大好きなので、シャンパンコールが楽しくて……。
なお、全員で歌ってるやつは凄く好きです。普通にかっこいい。

っていうか、みんなソロ曲より3人チームで歌ってるやつの方がいいのでは?
横浜チーム曲とか渋谷チーム曲みたいなゆるっとしたヒップホップは好きです。
スチャダラパーとかリップスライム的なゆるいのは好き。

「ラップ」聴こうとするんじゃなくて、「キャラが歌うラップ」を聴こうとするべきなんだなと気づいたのは今さっきです。
キャラソンと同じく、これはたぶん、キャララップというジャンル…。
たぶんもうちょっといろいろ聞いたら慣れます。

なお、今のところ推しキャラはいませんが、強いて言えば声の低さが好きという理由で横浜の元海軍が気になるところです。
FMヨコハマかな?っていう低音をしている(?)
ソロ曲がゴリラズの『19-2000』を思い出す。かわいい。
でも「ガチャーンドゥルルルチリンチリンチリン!」と「全くねえなあ!」が好きなのでギャンブラーも気になります。
一二三と独歩も好きです。この2人だけは名前把握してる。
……もしかしたら自覚しているよりもハマっているのかもしれない。こわい。

ヌクイメソン

■タイ旅行記を書きたい気持ちだけは残っています(言い訳)




■『駄菓子屋前』のヌク、の、イメソン絵。
絵柄は青い鳥版ですが、本編のネタバレではないので普通に出します。
というか、そもそも『友情リアル』に載ってた話なので、少なくともうちのブログにおいては今更ネタバレでもない…。
ツイッターでは毎回悩みます。
悩んだときは素直にネタバレ用アカウントに飛ばすのが一番良いですね。心がけよう…。

というわけでヌクです。
やっと描けたイメソン絵!
このために青い鳥版駄菓子屋前のヌクの絵をまじまじと見ましたが…今更ながら…ヌクの目が細いということに気がつきました。
細いというかキリッとしてますね?
むしろ直樹君の方が目が大きいですね?
えっ…ええ……好き……なにそれヌクかっこいいじゃないですか……。
なんとなくステレオタイプとしては、主人公がパッチリ目で直樹君のような子はキツイ目なイメージなんですが、っていうか挿絵がなかった頃は実際そんな感じで描いてたんですが。
ヌクの方がキリッとしてる。
わー…まって…好き……これが恋……(?)
一応いままでもヌクが好きって自覚はあったのですが、今回の青い鳥版のキャラデザが加速させた感じします。
えええヌク可愛い、そしてかっこいい、そして可愛い。
この子確実に将来が楽しみなタイプじゃないですか!!
でも身長は伸びないでほしい!!ほどほどで止まって!!

イメソン絵と言いつつイメソン的な成分がない。



■落書き柳川さん。
好きなわりにはあんまり描かないような…って気持ちなんですが…。
いや、描いてるよね…?

オーーールバックが大好きです。
柳川さんのおでこを軽率に出していきたい。

正直、こんな落書きをしている暇はないのです。
また締め切りに怯える日々がくる。

わんどろ絵&イメソンメモ

mina.png
■擬人化。
映画『SING』の象ミーナ。できれば色をつけたい。
後半のステージ始まってから泣き始めて、ミーナで涙腺決壊します。


wandoro27.png
■ツイッターのわんどろ絵。
1時間でも4コマは描けるんだなぁと、ちょっと驚きました。
いつもこのスピードで描きたい(願望)

柳川さんが高校生設定なのは、ジュリエットが神宮寺さんを起こす手段としてフライングボディアタックかます点について「小6ジュリエットがこれをやる…?155cmによるボディアタックきつくない…?」と思ったため、ジュリエットの年齢が下がり、一緒に柳川さんの年齢も下げられたのでした。


■はやみね作品イメソンメモ。

【駄菓子屋前】
・フレデリック『オンリーワンダー』
周りから見たヌクの歌であり、ヌクから見たみんなの歌だなと思います。
イメージ絵が描きたいと思いながらぐだぐだしてたら今回の文庫化&挿絵がきたので、新しいキャラデザでなんとかして描きたいです。

・いきものがかり『青春ライン』
アニメ版『おお振り』が!!好きだったんですよ!!
全野球少年、全野球作品のイメソンだと思います。熱い。きらきらしてる。泣きそう。


【マチトム】
・BRADIO『Overnight Superstar』
内人くん、および創也の歌だと思います。
タイトルにおけるオーバーナイトが内人くん、スーパースターが創也。って感じでいいと思う。
「成しえないことなどない」!

・BRADIO『人生はSHOWTIME』
歌詞もタイトルも完璧に創也。
そして内人くん。
ブラディオの最新アルバム買ったので、なんとなーく歌詞カード眺めてたら、あまりにも南北磁石すぎる歌詞だったので拍手喝采でした。
ちょっとのんびりした曲調もいい。

ブラディオは、明るくて力強い歌詞の、ノリがいい曲が多いので、マチトムにちょうどいい気がします。
これからも応援したいし、遡ってCDを買いたい。

タイ旅行記その1

■7月中に『ディリュージョン社』の新刊出るそうで楽しみなのと、8月には何かのサイン会あるそうでそっちも楽しみなのと、「先生!!!サイン会のたびに減量しようとしなくて大丈夫なんで!!元気にお過ごしください!!!」という気持ちが重なったりしてました。
サイン会行けるなら行きたいなぁ。
開催地は東京なのか…日程は土日なのか…。
そろそろ関西のターンという可能性もある。
関西だったら潔くお家待機になるので、行った人の感想を待ちたいところです。
ひとまずディ社発売がたのしみ!



■タイのスワンナプーム空港の表示板。
ボヤけていますが、タイ文字要素。
もはや記憶があるのかないのかタイ旅行記をちまちま書いていこうと思います。
きっとこの感想1か月くらいかかる……。
主な写真と感想は追記収納。

タイには何度も行っていますが、今回は目的というか、ある目標を持ってタイへ飛びました。
目標とは、「ひとりでできることを増やす」。

というのも、もう何度もタイに行ってるくせにいつも父(単身赴任中。タイ語ペラペラ)に全部任せきりで、「まったく自分の成長が見られない…タイのことに詳しくなれない…」と危機感を持ったからです。
ただの観光旅行に成長も何もないのですが、思い込んだら試練の道。なんとかして今までよりタイに詳しくなりたい。

と、いうことで。
今回は「午前中はひとりでバンコクの街を歩くから」と事前に父に通達し、初のバンコクおひとりさま散歩にチャレンジしてきました。
思ったようにいかなかったり、思ったよりもなんとかなったり。
そんな3日間の感想記です。

なお、今回の写真は全部スマホで撮りました。
カメラ持ってったけど使わなかったですね…ランドに行っても最近はスマホで済ませてしまう…。


続きを読む

プロフィール

シン

Author:シン
絵とエスニックとTFと擬人化と夢と魔法とはやみね作品が好き。

記憶力、学習能力がほぼゼロ。
やたら涙腺が弱い。

数年おきに記事をざっくりと消します。

キャラにコスプレさせたがります。

サイトはこちら↓(はやみね作品中心)
スープ!
ついった↓
@domisosoup

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード